読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

情熱とか、ときめきとか

f:id:satoruk888:20150131183630j:plain

テニス全豪オープン2015 車いす男子 国枝慎吾 3連覇で8度目V(朝日新聞デジタル

 

錦織圭選手の、初のグランドスラム制覇なるか?

話題集中の今大会、車いす男子の絶対王者国枝慎吾選手が、

前人未到の大偉業を達成した。

 

車いすなのにスゴイ、と思うだけの人は、彼の本当の姿を知らない?

もちろん、僕がよく知っているわけではないので、偉そうなことは

言えないのだけど。

 

そのスピリット=精神、がケタ外れであることは、間違いない!

メンタルが強い、ではなく、スピリットがズバ抜けてるのである。

最近の若いアスリートに言わせれば、「魂のテニス」みたいな。

以前、NHKの「アスリートの魂」でも、取り上げられたほどである。

 

彼を語れないので、あえて、これ以上のコメントは控えておくが、

すごく勇気を与えてもらった、世界一の国枝選手に感謝したい。

 

僕が言いたいスピリットは、スポーツのそれにあてはめていくと、

なんとなく想像しやすいかもしれない。

 

かける想い、こみあげてくるもの、喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、

それは苦しい練習、フィジカルトレーニング、メディカルチェック、

コーチやスタッフのサポートなど、準備によって身に付けたチカラ、

技術や戦略で臨む、試合本番でのパフォーマンス(実行)の最中に、

観客に伝わるほどに盛り上がり、熱くする何か、だと思う。

 

情熱とか、ときめきとか・・・、人間に生まれたおかげの感情。

 

ん?ゾーンに入ったか?

自分が何を言いたいのか、よく分からなくなってきた(笑)

 

僕が、大学のバレー部時代、必ず歌う応援歌があった。

その最後のところの一節、

 

♪若者の瞳は澄みて 譲るなき情熱を焚く♪

(わかものの めはすみて ゆずるなき じょうねつをたく)

 

今、思い出すとすごくいい歌だと思う、いい歌詞だ。

「ごめんね青春!」って、叫びたくなる。

練習とか試合とかで、思い切り叫ぶことなんて、今ないし。

 

やはり、ゾーンに入っている。

 

チョット、この辺で終わります。

 

百恵さんが歌っているのに聞こえない、情熱とときめき?


山口百恵 美・サイレント - YouTube