金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

おかげさまで、10周年!es-designのesとは?

2021年5月2日、エス・デザインは設立10周年を迎えた。

現在は福岡市博多区光丘町の一角に事務所を構えているが、

設立当初はバーチャルオフィスからのスタートであった。

バーチャルオフィスとは、月極めレンタルオフィスよりも

下の位置づけで、住所を借りるのみの賃貸形態である。

エス・デザインは福岡市中央区天神1丁目にて会社設立、

商業登記簿にはそのように記されている。

f:id:satoruk888:20210530203658j:plain

株式会社エス・デザインのロゴ

会社設立の目的は計画されたものではなく、ある企業との

取引のためであったことは、今だから打ち明ける話である。

大手商社M社のグループ会社の一社であるB社は、当時、

サービス付き高齢者向け住宅の九州北部エリア建築展開を

企てており、設計企画スタッフを求めていた。

しかし、社内事情により社内で人材を確保することはせず、

社外協力パートナーとなる設計事務所を模索していた。

知人より紹介を受けた私(金子)は、B社と面談したが、

すぐに採用されることはなかった。

新規事業の立ち上げにおいて、具体的な案件が最初から

用意されることなどほとんどない。

候補物件を選定し、再三再四シミュレーションを重ねた後、

有望なものが出たところで役員会などの重要会議に諮られ、

決裁された案件に予算が割り当てられるという流れの方が

一般的ではないだろうか。

半年ほどのサービス業務期間を経て2011年3月、ようやく

熊本市に具体案件がクローズアップされたのである。

B社と個人での取引が叶わないと知った私は一念発起して、

直ちに最小限の資本と体制でエス・デザインを設立した。

ところがその半年後、B社はグループ再編により解散する

という事態になり、当該新規事業は継承されることもなく

頓挫してしまった。

そして1棟の実績も残すことができないまま、舵を失った

エス・デザインは、新たな事業を模索することになった。

 

弊社、エス・デザインのスタートは実はこのような感じ、

会社を設立した後、自分ができそうな仕事に片っ端から

チャレンジしていく日々が、そこから始まったのである。

 

さてes-designの「es」とは何なのか、よく聞かれるが、

「es」は、英語ではなくドイツ語なのだと説明している。

僕の中にある「es」 - 金ちゃんの本音と建て前+plus

「es」は、人によって違う何か、自分の中に持っている、

本人すら気づいていないかもしれない可能性のことでは

ないかと勝手に考えていて、社名に入れてみたのだ。

「多様性」と和訳される「ダイバーシティ」の概念も

そこに含んでいると、今さらながら付け足している。

 

よろこびに触れたくて明日へ、僕を走らせる「es」♫


www.youtube.com