読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

奇跡のデュオ

やっぱり、この二人の歌じゃない!

奇跡の地球

桑田&桜井、カラオケでも大ヒットのナンバー。

  

そして、何の脈略もなく、話題を変える。

 

連休明けからスタートする物件「柳川プロジェクト」について。

川下りで有名な柳川で、僕は14年前にマンションの新築工事に

携わった。

そのマンションは、東側に川、その向こうに緑豊かな神社が見える

とても風情のある立地にあり、柳川の景観に馴染むように、意識して

その外観や、アプローチ・エントランスの計画を行った。

緑青で屋根を葺いたアプローチの門構えは、地元でも評判がいい。

P5040204_2P5040205_2 P5040206_2 

P5040208_2   

ところが、である。

その後、同じ並びに13階建てのマンションが建ち、景観をぶち壊した。

それが問題となり、市の条例が制定された。

柳川市の中心街に、建築物を建設する際は、最高高さ16M(5階建て)

とする決まりができたのだ。

商業地域では、通常、高い建物を建てることによって、事業の採算を

取るのが普通である。

そこで5階建てしか建てられないということは、土地の資産価値を下げ、

柳川市民、自ら、地主の土地の有効活用を不利にする問題でもある。

 

我々の計画する「柳川プロジェクト」は、市条例を織り込んで計画する

分譲型集合住宅である。

詳細は、企業秘密なので、現時点ではこれくらいに留めるが・・・。

 

僕は、現地の環境や、水郷、柳川の文化を知るために、家族を連れ

川下りを体験しに行った。

P5040209_2 P5040213_2

P5040218_2 P5040220_2

想像を超え、水そして緑豊かな情景を確認することができて、よかった。

P5040226_2 P5040233_2

P5040235_2P5040236_2 

   

で、柳川と言えば、「鰻」である。

観光客が訪れる「本吉屋」や「若松屋」は敬遠して、地元の住民で賑わう

「うなぎの冨さん」で昼食をとることにした。

とにかく、オススメは「せいろむし」である。

値段は、お吸い物付きで、税込2,050円、美味しくて大満足だ。

 

話は戻るが、今回の計画は、地元とのコミュニケーションを大切にし、

柳川の街並みに合う、上品な建物を創りたいと思っている。

 

余談だが、柳川は北原白秋の生誕地で有名なのは言うまでもないが、

あのテニス界の元プリンス、松岡修造が通学していた柳川高校もあり、

福岡では、ちょっとしたステイタスのある町だ。

プロジェクトを、ぜひ、成功させたい。

 

さらまた、アタマに戻ってもう一曲の奇跡のデュオ。

言葉にできない

小田&桜井のコラボ、AP BANK FES  06での一幕。

一人プラス一人イコール、スゴイ影響力が生まれる。

 

みんな、チカラを合わせて、ガンバロー!!