読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

強い者の定義

メジャー・ア・リーグの王者に輝いたレイズの岩村選手の言葉。

「強い者が勝つのではなく、勝った者が強いんだ。」

コレと似たような発言、北京五輪、柔道金メダリストの石井選手も

そう答えていたような覚えがある。

 

実力の拮抗した者同士の勝負の間では、そういうことかもしれない。

 

しかし、レベルの違う者同士でも、低い方が勝つチャンスはあると思う。

高い方のチカラを出させないアイデアを考えることは、ひとつの手段だろう。

それ以前に、自分たちのベストを尽くすことは言うまでも無い、としてもだ。

 

選手の年俸総計において、レイズはメジャー30球団のうち、29位と低い。

オーナーにとってみれば、悪くない投資であり、費用対効果も高いだろう。

まさか、レッドソックスヤンキースに勝ってしまうとは・・・ね。

 

このようなこと(レイズの優勝)が起こるということは、我々の日常においても、

参考になる要素が見つかりそうだ。

昨年、最下位のチームが、翌年、チャンピオンになることができたのだから。

 

これで、ワールドシリーズは、フィリーズ対レイズに決定。

レギュラーの岩村選手にとっては2年目にして、大舞台に立つことに。

一方、フィリーズの控えながら田口選手は、3度目のステージ。

田口選手の強運もスゴイ[E:good][E:baseball]

 

面白いゲームが期待できそうだ。

最終7戦までもつれるような、激しい展開を期待する。

  

で、勝った方が強いチーム、ということで。

それが、強い者の定義、かな?