読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

一丁、やりますか!

先日、僕の親友Mから、電話がかかってきた。

社会人のバレーボール・チームの監督をしているらしい。

 

会って、話を聞くことになった。

 

縁があって、N社を中心に構成する、6人制のバレーボール・チームの

監督を、1年前に引き受けたという。

ついては、僕にも相談があり、一度、チームを見てほしいとの事だった。

 

この前の休みの日、練習会場に出向き、チームを見てきた。

選手は、20代前半を中心とした、そうそうたる顔ぶれだった。

バレーの名門大学・高校出身、キャリアも申し分ない。

僕は一目見て、このチーム、強くなる、という確信を持った。

 

後日、親友Mからメールが届いた。以下、内容。

 

先日は、小郡までありがとうございました。

俺もsatoru-kと久しぶりに会って、なんか、元気が出てきました。

しかし、監督業は大変です。

監督になって、もう1年が過ぎようとしていますが、監督業以外の仕事があり、

これはかなり大変です。

幸いH(共通の同級生)が手伝ってくれていることで、助かってはいますが、

なんか、かなり疲れます。

でも、チームの選手たちの姿を見ると、俺ががんばらなきゃ、

って気持ちになります。

これも、俺の宿命なのかな、と思います。

人間、死ぬまで試練の連続のような気がしています。

それでも、俺らバレーボーラーは、へこたれないぞ、と思うのです。

お互い、がんばろう!

それと、お互い、理解ある嫁さんには感謝しようぜ!

P.S.ブログ、見ています!

 

ちょっと、感動した。

未だにバレーボールに熱中している彼を、羨ましく想った。

 

そして、今日、Mから電話があった。

 

「なあ、satoru-k、バレー・クラブ組織の代表になってくれないか?」

というオファーをもらったのだ。

その理由は、対外的に立ち回る役割の人間が必要だから、とのこと。

僕は、二つ返事で応えた。

僕にできることなら、当然、させてもらうよ。」

親友の相談を断るわけがない、友情とは、そういうことだと考えているし。

 

このブログを投稿する前に、彼にメール返信をした。

 

親友Mへ

こういうカタチで、バレーボールに、再度、携わることになるとは、

思ってもいませんでした。

Mが集めた選手たち、魅力を強く感じました。
彼らの伸びしろ、可能性、もっともっとイケル!

僕が彼らに言いたかったことは、こんなこと。

1.バレーボーラーであることに誇りを持つこと
  ワンタッチでボールを操るスポーツは、バレーの他にはない。
  優れた運動神経、瞬時に動く反射神経は、練習によって磨かれるだけでなく、

  天性のセンスが必要だと思う。
  彼らは、それを持っている。

2.試合のシーンを想像して、練習をすること
  本能の赴くままに、ただプレーするだけでは、進歩はない。
  既にできることは、練習する必要がない。
  できないことをやろうとすることが、練習であり、意味があるはず。

3.あきらめない、それが勝利に繋がること
  僕が見た限りでは、彼らは見切りが早い、泥臭いバレーを知らない。
  Mは覚えていてくれてると思うけど、僕たちは、取れないボールに

  飛び込んでいたんだ。
  飛び込み続ければ、届くと信じて飛び込めば、そのボール、拾えることがある。

もしも彼らが、泥臭いバレーを覚えれば、今より数段強くなると思う、

これが僕の考えです。

Mの荷物、僕が少し引き受けます。
それは、僕の役割だと思うから・・・。

Hとは違う立場で、異なるカタチで、喜んで協力させていただきます。

一緒に、同じ目的に向かって大きなベクトルを創っていこう!

選手たちは、Mを、Hを、そして僕の姿を見て、自然とモチベーションが

上がっていくと思います。

それは、利害関係のない、友達同士だからこそできる、僕らの特権です。

一丁、やりますか!