読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

東京へは、もう何度も行きましたね

君の住む 美し都♪ by Begin

 

久しぶりに、東京へ行ってきた。

毎年恒例の、M社のプレゼンテーション、今年の会場は、

東京、名古屋、大阪のどれかを選択することができたが、

あえて、東京に決めた。

 

遅ればせながら、東京ミッドタウンに行ってみたかったのと、

都心高級マンション、広尾ガーデンフォレストのギャラリーを

見に行きたかったのだ。

 

東京ミッドタウンは、六本木にあり、六本木ヒルズと双極にある

超高層タワーの集合体だ。

広大な庭園には緑も豊かで、ビルの中庭にも竹林があったり、

ガラスの上に水を流して演出していたりと、巨大な建築物の配置計画を

上手に都会的にプランニングしていて、新しい街並みを形成していた。

 

僕の地元、福岡では、この規模の開発は皆無であり、メトロポリス東京の

エネルギーをビシバシと体感させられた。

 

一方で、僕らの専門分野である集合住宅、今回ぜひ参考に見学したかったのが

広尾ガーデンフォレスト

三井不動産レジデンシャルと三菱地所という、日本が誇る2大デベロッパーの

最強共同事業である。

ギャラリーは、青山霊園のそばにあり、その建物自体、相当なお金をかけて

作られていて、おなか一杯になる展示場であった。

1/750スケールで広域をカバーして、建物の立地を表現するために作られた模型室、

その次にシアタールームがあり、イメージビデオの説明を受ける。

そして、圧巻なのが、3つのモデルルーム。

120?の1LDKなど、億ションと呼ぶに豪華な、コーディネイトが施されていた。

このようなマンションも、福岡では類似する立地が無く、日本では東京にしか

存在し得ないセレブな住宅であった。

50年間の定期借地権を採用していて、分譲より安いはずなのだが、しっかり

1億6千万円台〜2億7千万円台という、高額物件だ。

それらが売れてしまう東京という街は、得体の知れぬマーケットを持っているのか。

いったいどんな人たちが、これを大金で手に入れて、棲んでしまうのだろうか。

ただ単に、住むだけでも維持・管理費等がかかり、大変そうに思ってしまうのが

我々、一般ピーポーのせせこましさか、哀しくなってしまうのである。

 

東京に行くのは、とても楽しい。

でも、住みたい街ではない。

イイとこ取りして、僕は、福岡に住みたい。

 

とても意義ある、東京出張であった。