読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

永遠のイメキャラ、バボちゃん

バレーボールのワールドカップが盛り上がっている。

(というか、フジテレビが強引に盛り上げている?)

その最中、イメージキャラクターのバボちゃんの存在は、

今では当たり前のように、ワールドカップを盛り上げるシンボルであり、

4年に一度のお祭りムードを演出している。

ワールドカップでは、いつの頃からか、ジャニーズ事務所の若手が起用され

(元祖はV6だったか?)、今回は、平成(Hey Say)ジャンプという少年グループが、

神聖なるコートの上を歌い踊り、最初の15分間は、彼らのショータイムという

パターンが定着化している。

サーカスのような彼らのパフォーマンスは、素直にスゴいとも思う・・・、若いし。

毎試合、ド素人級のコメントで、彼らは応援団の役割をこなしているのだが、

真の応援キャラクターは彼らではなく、間違いなくバボちゃんなのである。

初登場は、日本開催が定例化されることとなった、1977年のW杯であった。

バボちゃんは30年の時を経て、マイナーチェンジを繰り返しながら、

その役割を果たしていて、世界のバレーボールファンに受け入れられている。

 

ところで、そのバボちゃんは、学生時代の思い出の一つでもある。

毎年行われる、大学祭で、九大バレー部が設営するお好み焼き屋の名は、

僕らの時代から「お好み焼き屋バボちゃん」であり、伝統は受け継がれ、

その後20年たった今も、同じ名前で出店されている。

まさに、九大バレー部の歴史にも欠かせないバボちゃんなのである。

今月23日〜25日の大学祭でも出店される予定だ。

 

ところで、肝心の全日本女子の大会は、佳境を迎えている。

今日、ケニアに3-0のストレートで勝利し、北京オリンピックへのチケットを

手に入れるための圏内に、全日本女子は首の皮一枚で踏みとどまっている。

 

14日(水)からの3連戦(キューバ・アメリカ・ブラジル)で大詰めを迎える。

僕の予想では、キューバにはフルセットで勝てるのではないかという、

根拠無き確信があり、この試合次第で運命は決まると思っている。

キューバに勝てば、ひょっとするとアメリカにも勝てるかもしれない。

ブラジルとの最終戦は、残念ながら勝つ要素は少なく、一歩及ばず

実力負けしたとしても、結果的に全日本は、8勝3敗で3位〜5位争いに

滑り込めるんじゃないかと・・・。

他のチームが負けることに期待すれば、得失セット、得失点差により、

最後の一枚のチケット(3位入賞)を得ることが出来るんじゃないだろうか?

1位、2位は、イタリアとブラジルの争いになると思う。

そして3位を、アメリカ、セルビア、日本で争うカタチになれば、

直接対決の結果如何によるが、銅メダルの可能性が、全日本女子にも

残されていると思っている。

 

最終、名古屋ラウンドのキューバ、アメリカ、ブラジルとの3連戦、

全日本女子は、エースの栗原メグの頑張り、シン(高橋)の多彩な速いスパイク、

木村サオリンのセンスの良い攻撃、セッター竹下の正確かつスピードのある

コンビバレーに期待がかかる。

 

ロシア、中国が不参加であることを考慮すれば、上がりの3連戦、

キューバ戦に勝って波に乗れば、今のメンバーのチームワークが冴えれば、

イケるんじゃないかなあと、楽観的に考えているのである。

 

バレーの「バ」とボールの「ボ」で、バボちゃん。

シンプルすぎるネーミングだが、お馴染みになったバボちゃん。

ぜひ、全日本女子チームに微笑んでほしい、と願っている。

 

「北京へジャンプ、ガンバレニッポン!」