読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

資産設計

1年前までは、考えたこともなかった。

去年の春のある日、突然自分の将来のことが気になり、

あまりにも無防備に日々を暮らしてはいないかと、

自らの人生に不安を感じたのだ。

このまま、目の前にある仕事だけに没頭し、あと20年ほど

過ごした後に、何が待っているのかと・・・。

これって、老後の心配?

特に、我々の世代は、退職金や年金に期待できないし、

今の調子でやっていくと、お金を貯蓄できそうにもない。

住宅ローンをはじめ、借金の方が大きくて、子どもたちの

教育費など、これから必要になるお金のことを考えると、

楽しい気分には、とてもなりそうにない。

困ったときに甘えていた親も、年老いていくだろうし、

甘えた分、親孝行も考えていかなくては。

自分で何かをはじめなければ・・・、と思案した。

そして、研究し始めたのが、「資産設計」である。

少ない額からでも、少しずつ資産を増やしていくことを

考えることにしよう、そう思った。

手っ取り早そうだと目をつけたのが、株式投資。

でも、はした金では、株を購入することさえできない。

さて、どうしたものか?

生まれて初めて、経済に目を向けた。

とにかく投資について、勉強しよう。

株を買うかどうかは別として、証券会社に注目した。

結局、様々な角度から考察して、比較した結果、

主にインターネットで取引をメインとする証券会社の中でも

独自のシステムで、投資知識を丁寧に解説してくれる

マネックス証券に興味を持ち、何はともあれ口座を

開設することにしたのは、昨夏のころだったと思う。

勉強会やセミナーを、積極的に行うマネックス証券では、

マネックス・キャンパスという、制度があり、昨秋に

エントリーして、ネットで勉強することにした。

半年間に、6つの講義を受けて、修了するシステムだ。

講義内容では、株式投資、投資信託、債権、流動性資産等、

分かりやすく説明をしてくれて、初心者の僕にも、

大まかにではあるが、経済学的な知識を教えてくれた。

中でも興味深かった講義は、内藤忍さんの「資産設計」だった。

「資産設計」は、単なる投資とはまったく別ものである。

「投資」は計画を立てず、単に資産を殖やすことを

目的としているのに対し、「資産設計」は、投資をする前に、

目標・夢に基づいた戦略をきちんと立てるところに

違いがあるとのこと。

「資産設計」とは

人生の夢・目標から必要な金額を「いつまでにいくら」と

具体的に計画し、「アセットアロケーション」を中心とした

分散投資を行い、人生の夢・目標を合理的に達成するための

手段である、とのこと。

アセットアロケーション」はリスク分散投資のこと。

アセットアロケーション」を考える目的は失敗の影響を

最小限にとどめ、資産を着実に殖やして長期の資産設計が

続けられるようにすることだ。

案ずるよりするが易し、10万円でポートフォリオを作った。

藤忍さんの言うとおりに、昨年9月、一念発起して

マネックス証券で、実践することにした。

インデックスファンド(日本株式と外国株式)と個人向け国債

(日本債権)、そして外貨MMF(外国債券)の4つの商品を

使えば、10万円のポートフォリオが完成できる。

なにはともあれ、その通りやってみた。

結果、半年で10万円が10%殖えて、11万円になった。

半年間で利回り10%、銀行に預けるより断然いい。

次の半年も10%殖えれば、年利21%である。

その通り行くかどうか分からないが、可能性は高そうだ。

話を少しもどすが、マネックス・キャンパスでは、

株式投資の説明や、分析の仕方、投資信託の説明、

他、様々な手段とその重要点の説明、等、投資設計に

必要な基礎知識を、丁寧に学ぶことができた。

(定められた期間内にプログラムを修了することができた。)

今後も、人生の夢・目標をできるだけ具体的に考え、

「資産設計」に取り組んでいきたいと思っている。

興味のある方、一緒にやりませんか?

その前に、自分の夢・ビジョンを明確にしなければ・・・。

これが最大の問題である。