読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ベールを脱いだ!

200610201549000_2 コスモ和白ビューステージ

建築足場が外れ、その全貌を現わした。

地上8階建て、総戸数85戸の集合住宅だ。

200610201551000_2

事業主:コスモスイニシア

商品企画:ラプロス

設計・施工:鉄建建設

200610201551001_2 昨年末に着工、来月(11月下旬)竣工予定である。

僕は、商品企画に携わった。

この物件は、土地情報の入手からはじまった。

福岡市東区和白5丁目にある敷地には、以前はある会社のビルと

カラオケボックスが建っていた。

その売却情報をキャッチし、建物がうまく乗るかどうか、ボリュームチェック、

分譲事業としてなりたつかどうか、シミュレーションを行い、商品企画を

行った。

お客様に、お求めやすい価格設定が実現できることを確認した上で、

事業主、施工会社と打合せを重ね、土地購入、事業化する運びとなった。

僕の役割は、基本プランの策定、実施設計のサポート、建物の外観、

エントランス・アプローチなど部分的なデザインの監修、その他付帯する

役所・住宅金融公庫への申請作業補助など、全体の商品企画であった。

商品企画という仕事は、いわゆるプロデュース業務であり、位置づけは、

デベロッパー(開発会社)の業務の一部を代行する立場である。

業務期間は、概ね15ヶ月〜30ヶ月に渡り、そのスケジュール関係も

チェックしながら、商品のつくりこみに取り組んでいく。

コスモ和白ビューステージは、一番最初の段階から企画に入り、

竣工・引渡まで関わっていく物件であり、僕としては、つくりこみに

注力した経緯をふりかえると、気持ちを込めて従事してきた物件である。

今回、ベールを脱いだその姿に、とても愛着を感じている。

外観は、白いタイルを基調とし、アルミの縦格子をポイントに使い、

シンプルかつ洗練されたデザイン構成を、そのコンセプトとしている。

結果、出来上がった姿をみると、まずまずの出来だという想いである。

南側に、博多湾を臨むこの建物は、和白の街並み景観に、明るい

イメージをもたらし、将来的に、シンボリックな存在になるだろう。

ところで、エントランス・アプローチの工事は、今から仕上の段階に

入っていく。

こちらの仕上がりも、その出来映えが楽しみである。

僕たちの仕事は、不動産コンサルティングをメイン業務の一つとして、

コンセプトを考え、それをカタチにしていく作業である。

計画する建物、全体計画が、新しくきれいな街並みを形成するよう、

今後も業務に従事していきたい。