金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

リサーチクエスチョン

この春、QBSを卒業する。(卒業できるはず?)

QBSとは、九州大学ビジネス・スクールのこと。

正式には、九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻、

修了すれば、MBA経営学修士)の学位を取得する。

 

九州大学ビジネス・スクール |

 

MBA、日本ではその価値が、イマイチ認められていないが、

アメリカでは100年以上の歴史があり、以下のような

メリットがあると言われている。

 

1.キャリアパス

MBAホルダーの需要は増加傾向にあり、転職や昇進に有利。

アントレプレナーシップ起業家精神)育成講座、

ビジネス構造、事業構想を学ぶ授業を受講することによって

起業を考えている人にも有意。

 

2.プロフェッショナル・ネットワーク

様々な業界・職種からプロフェッショナルが集まり、

MBA取得という共通目標へ向かって切磋琢磨するため、

質の高いネットワークを構築することができる。

強い目標意識と学ぶ意欲を持った人たちと議論する中で

得られる深い関係は、将来の大きな財産となる。

 

3.経営力と人間力の醸成

事業戦略やマーケティングなど実践的な経営学を学び、

1ランク上の経営スキルを身に着けることができる。

さらに、企業倫理など、人としての「徳」や「人間力」を

磨く場でもある。

 

実際、本当にそれを達成することができるのか、できたのか、

自分が2年間を過ごしてみて、その実感があるかと言えば

そこまではないが、そこそこはあるかも、と思う。

 

何しろ、集まっている連中は少々イカレてるヤツばかり、

自分も含めて(笑)

一体何を求めて、望んで、ここにいるの?みたいな。

利害関係のない友情を育むことができたのである。

老いも若きも、学びの場では平等、同級生の関係なのだ。

 

英語へのコンプレックスが緩和されたのも大きい。

解消されたとは、言えないが・・f^^;)

英語のみの授業があり、発表やレポートで鍛えられ、

外国人とのコミュニケーションの機会も得られた。

 

平日の夜と土曜日、本業をこなしながらの通学は、

経験してみると、それはもう大変な生活になった。

正直、犠牲にすることも少なからずあった。

共に学んだ同級生の中にも、様々な変化があったし。

 

しかし、こんな経験、普通じゃできない。

失うものより、得るものが圧倒的に多い。

そんな2年間だった、としみじみ思う次第である。

 

今月末、修了(卒業)式を迎える予定である。

みんなよく頑張った、自分をほめてあげよう!

 

この経験を活かせるかどうかは、自分次第。

人生、リサーチクエスチョンの連続なのだから。

もちろん、活かすつもりの今年の春である(^^)/

 

春待つ息吹のように。


Bank Band - はるまついぶき - ap bank fes 11 LIVE