読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ルーツを訪ねる旅

f:id:satoruk888:20150906092034j:plain

 

僕の出生地は神奈川県横浜市だが、幼稚園のとき福岡へ引っ越した。

その後のほとんどを福岡で過ごしたので、横浜の記憶はない。

 

しかし、僕のルーツはどちらでもない。

両親はそろって熊本県の天草の出身で、本当はそこにルーツがある?

 

夏の終わりに、母と姉2人と僕の4人で天草の先祖の墓参りをした。

どうやら東京に住む長女と、福岡市内の次女が計画したものらしく、

僕はそれに乗っかって、天草を訪ねることとした。

 

80を超えた母は誰よりも元気で、子どもたちの企てと察しながらも、

故郷の天草への旅を喜んでくれた。

 

天草は自然に恵まれたところで、海は、それはそれは美しかった。

 

f:id:satoruk888:20150906104325j:plain

 

歴史的には隠れキリシタンが潜んでいた町もあり、少し宗教的な、

ノスタルジーにも包まれた、何か不思議な一面も持ち合わせていた。

 

f:id:satoruk888:20150906094559j:plain

f:id:satoruk888:20150906094426j:plain

 

会いたかった親戚との再会も果たし、母は嬉しそうだった。

僕は、父方、母方の墓参りができ、清々しい気持ちになった。

 

今は亡き父、そもそも東京に赴いたのは土木設計の仕事のためだった。

2人の姉と僕は、当時住んでいた横浜で生まれ、そこで暮らしていた。

しかし、それは一時的なことで、ルーツは天草にあったのだ。

 

天草の人々は口をそろえ、若い人が出ていき老人が残ると嘆く。

過疎化していく故郷を、ただ見過ごしてしまうだけなのだろうか?

 

これは天草だけの問題ではない、日本人、みんなが考えるべき現実で、

美しい故郷を守っていかなければ、次の世代に引き継げないと思った。

 

もちろん、自分自身の問題と意識できるかどうか、そう認識できるか、

とても深刻な問いなのである。

 

大切な想いを、じわっと感じた、2015年の夏の終わりに。

 


夏の終わり(2006~弾き語りver) 森山直太朗 - YouTube