読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ナウイスト(NOWIST:現在主義者)になる?

日記・エッセイ・コラム

f:id:satoruk888:20150104123829j:plain

会社の初詣は、氏神様(だと思う)春日神社にお参りしたのだが、

1月4日のことなので、もう10日ほど前の話である。

が、年始、最初の投稿なので、初詣の写真を載せることにした。

 

なんとなく、年が明けて2週間も経ってしまったので、目標だとか

やりたいこととか、話しそびれてしまった。

 

今回は、正月のテレビ番組について、書いてみようと思う。

 

総じて、つまらない正月テレビ番組の中から、ピックアップして、

録画したものを、さらに絞りこんで、良さげなものだけ鑑賞した。

 

一番、面白かったのは、Eテレ「スーパープレゼンテーション」

新春SP「伊藤穣一×山中伸弥 未来を語る」であった。

山中氏は、言うまでもなく、ノーベル生理学・医学賞受賞者、

iPS細胞研究の第一人者で、京都大学教授である。

 

伊藤氏は、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボの

所長、IT分野の中でもセキュリティーの専門家だ。

 

山中氏は、52歳、伊藤氏は、48歳。

僕は、50歳だから、その中間の年齢なのだが、立っている場所が

違う、残念ながら(>_<)

畏敬の念を抱きつつ、その番組に見入った。

 

最も感銘を受けたのは、伊藤氏の世界観?ナウイストになろう、

という考え方である。

それは、こんな感じ。

 

インターネットの普及により、流通や通信のコストが下がった。

そのおかげで初期投資が少なくて済むようになり、モノづくりの

リスクも下がった。

そうすると、あれこれ考えたり躊躇しているよりも、とりあえず

作っちゃったほうが早い。

イノベーションは、今後そうやって生まれると思う。

 

あんまり計画を立てたり、リスク管理ばかりに気を配っていないで、

どんどんやってカラダで覚える。

そういうナウイスト(現在主義者)な生き方が、大事だと思う。

 

一方、山中氏は、人生の節目を迎えたとき、例えば、30歳、40歳に

なったとき、感じることは、特段なかったらしい。

ただ、50歳になったときは、残りの人生がそんなに長くないなと、

少し考えたそうだ。

 

そして、その結論は、

「無茶をできるうちに、無茶しておこう!」

だそうな。

山中氏がマラソンを走っていることは知っていたが、このアイデア

実にたくましいお方だと感心した。

 

頭がいいお二人の考え方は科学的ではなく、体育会系だな、と思った。

つべこべ言わずに、やろうぜ!みたいな感じなのだ。

 

番組では、TEDの中から、選りすぐりのプレゼンを再放送した。

TED:Technology Entertainment Design

昨年、Eテレで放送したプレゼンの中から、3人を取り上げ、

およそ13分で発表されるスピーチが紹介された。

再放送が、NHKBSプレミアムで1月30日(金)0時からあるので、

興味のある方、見逃した方は、是非ご覧ください。

 

結局、伊藤氏が提言するナウイストとは、極論すると、

「いつやるか?いまでしょ!」

と、かぶるわけで、同じと思ってもいいかも、ですね(笑)

 

おあとがよろしいようで(^-^)/

 


Mr.Children - I&#39;ll be - ap bank fes 10 LIVE - YouTube