読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

みちのくひとり旅

日記・エッセイ・コラム

先日、2泊3日で仙台へ出張した。

f:id:satoruk888:20140715081846j:plain

目的は、登録耐震診断資格者講習 ・耐震改修技術者講習を

受講するためである。

この講習は、一般財団法人 日本建築防災協会が主催するもので、

年に一度、主要都市で行われている。

僕が受講したのは、鉄筋コンクリート造についてのそれである。

実は、地元の福岡でも開催しているのだが、締切に間に合わず、

平成26年度の同じ講習は、残り仙台のみだったからである。

 

さて、仙台である。

講習は2日間、前の日から入って、レンタカーで三陸海岸沿いを

北へと向かった。

3.11から、既に3年と4ヶ月が経過しているが、今を見ておきたかった。

f:id:satoruk888:20140715101445j:plain

ホンダ・フィット、まだ800kmも走っていない新車である。

ちょっと得した気分で、仙台空港を出発した。

 

まず、気仙沼、復興はまだ遠い様子、道路の整備や造成の最中で、

これからの道のりが簡単でないことが窺えた。

 

次に、陸前高田、ここに町があったのだろうか?と思うくらい、

その形跡が見当たらない場所もあった。

カーナビにある道路が実際には無かったり、ショックを受けた。

 

高田の奇跡の一本杉は、車窓から眺めただけであるが、今では

人が集まる雰囲気を、感じられなかった。

人工的に再生したニュースは、もう昔のことになっていた。

 

途中、休憩を兼ねて昼食、ラーメン屋に立ち寄った。

f:id:satoruk888:20140715133249j:plain

秋刀魚だしらーめん、めっちゃ美味であった。

博多とんこつラーメンがベースの僕のラーメン舌に、甘辛いだしと

しなやかな麺が絡んで、抜群に美味しかった。

ラーメン屋の名前が思い出せないが、場所は覚えている。

食べ終わった時点で、いつかまた来るぞ、と思った(^-^)

 

再び北へ向かった。

f:id:satoruk888:20140715140152j:plain

空港から205km、新車のフィットは、走行距離1000kmに達した。

 

どうしても見ておきたかったのは、釜石港である。

何度も何度も、NHKが放映したあの恐怖の光景、その場所を。

 

釜石港に到着すると、その場所は人に聞かなくてもすぐに分かった。

f:id:satoruk888:20140715144852j:plain

津波避難場所への階段の登り口である。

f:id:satoruk888:20140715144951j:plain

この通路が避難所へと続いていく。

f:id:satoruk888:20140715145923j:plain

登りきったところが、津波避難場所。

階段とスロープを登る、ちょっと肩で息をしてしまうくらいの高台だ。

f:id:satoruk888:20140715145230j:plain

これが、避難場所、高台から見た港の風景である。

低い建物は軒並み姿を消しており、もう雑草が生え茂っていた。

あの日に住民の方たちが見たものは?

想像するだけで絶句である。

 

何か、胸の中にザワザワするものを感じた。

ちょっと落ち込んでしまい、チカラが抜けてしまった。

 

下へ降りた。

f:id:satoruk888:20140715151303j:plain

解体されずに残っている建物、廃墟と化している。

f:id:satoruk888:20140715150336j:plain

5階建の3階部分まで海水に浸された跡を、青い帯で表示している。

海全体が、ここまでせり上がってきたしるしである。

f:id:satoruk888:20140715150600j:plain湾岸まで下りてきた。

あの日のことが、まるで嘘のように、穏やかな美しい海だった。

 

行って良かった、と思っている。

 

政治家やメディアを筆頭に、忘れ去られようとしている被災地のことを

みんな絶対置き去りにしてはいけない、と思うのである。

 

仙台市内に戻ってきたのは、もう午後7時過ぎ。

走行距離450kmのロングドライブだった。

f:id:satoruk888:20140715185233j:plain

PAの駐車場に車を停めて空を見上げると、うろこ雲が流れている。

東北は思いの外、暑く、とっくに夏が訪れているように感じた。

(7月15日の時点です。)

 

2日目・3日目は、真面目に講習を受けて、ひとり旅は終わった。

 

ところで、仙台といえば、在住ロックバンド、MONKEY MAJIKを思い出す。

カナダ人と日本人の融合、楽曲もなかなかクールでいい感じ。

ただ、英語で歌うのか、日本語で歌うのか、ハッキリしてほしい(笑)

ないまぜにすると、意味がよく分かんないのである。


モンキーマジック「空はまるで」 - YouTube