読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

危ないと思うこと

このブログは個人のものなので、何を書いてもいい、

とは、思っていない、同時に会社のものだから。

 

しかし、あえて取り上げたい。

集団的自衛権の行使容認」を政府が勝手に決めたこと。

最も向かってはいけない方向に舵を切ったこと、である。

 

第二次世界大戦後、ほぼ70年が経とうとしている。

そして、日本人は、それを忘れそうになっている。

 

僕が小学生のころ、広島に原爆が投下された8月6日は、

夏休みの登校日であり、平和授業が行われていた。

今では、広島の平和式典が報道されるのみである。

 

そして、社会の授業では日本国憲法の第9条、戦争放棄

先生が熱心に唱え、大切なものであることを教わった。

 

当時、一生徒であった僕は、戦争で失ったものが甚大で

あったこと、身内や大切な人を亡くした戦争の悲惨さ、

残酷さ、二度とやってはいけないものだと、心に刻んだ。

 

それが、いとも簡単に、国民の信を問うことなく、

政党与党のみで、数にものを言わせて決めてしまう?

など、あっていいはずがないことである。

 

それはつまり、戦後の日本を自ら否定することだと、

戦争に一切関わらないという信念を曲げることだと、

再び国民を戦争の脅威にさらすことを許すことだと、

強く思うからである。

 

国際的な立場上、集団的自衛権を行使して、戦争に

加担する、あるいは、そのようにみせる。

自衛隊を派遣して、戦争に参加できることを宣伝する。

 

一体、それに何の意味があるのだろうか?

 

ちょっと極端な意見になってしまったので自重する。

 

僕は、反対である。

 

憲法を改正する手続きが面倒で、解釈を変更するという

猪口才なやり方は、卑怯だと思うのである。

やるなら堂々と、国民投票を行うべきであった。

 

何か、釈然としない、これが日本という国なのか?

 

サッカーW杯の開催中に、重大な決定がなされた。

日本が勝ち残っていたら、煙にまかれるところだ。

それは、偶然重なったこと、だろうけど。

 

必要のない議論を、政治家だけで勝手に、である。

 

この国は、どこに向かおうとしているのか?

若い人たちに事実を、真実を、本当のこと伝えて、

一緒に考えていかなければ、危ない。

 

僕が、危ないと思うこと、でした。

 


戦争を知らない子供たち ジローズ - YouTube