読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

半世紀おめでとう?

友人から、そう言われて、複雑な気分になった。

僕は、5月1日、半世紀=50歳の節目を迎えた。

(友人は同級生、自分もじきに半世紀になるのに、笑)

 

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

 

織田信長が、特にこの節を好んで使ったという、

幸若舞(こうわかまい)「敦盛(あつもり)」の一節である。

 

直訳すると、

 

人間世界の50年間は、天界の時間に比すれば、

一瞬のまぼろしに過ぎない

 

となるのだが、その意味は?

 

この言い回しを、せいぜい50歳で尽きる人生は儚(はかな)い、

と、とるのは通俗的な解釈で誤り、とのこと。

 

人生は、あっという間に過ぎてしまう儚いものだから、

我が思う存分、生きてやろう!

 

信長は、そんなノリだったんじゃないか、と。

 

そう考えると、信長は我を通した分、他人の自由を奪い、

身内によって暗殺される最期は、運命と片付けるよりも、

自ら導いた、必然的な結末であったのかもしれない。

 

NHK大河ドラマ軍師官兵衛」で信長を演じる江口洋介

爽やかで、情が全く無くもなく、それらしくないのだが。

余計な世話?(^-^)

 

信長に特定の軍師はおらず、戦略等、独断で全てを行った。

仮に軍師がいたら、首がいくつあっても足りなかったかも、である。

 

元に戻る。

 

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

 

夢幻の如き50年は過ぎたが、まるで実感が湧かない。

暗殺されない程度に、もう少しわがままに生きようか?

 

自分を有効活用したい、50代の幕開けである。

 


Mr Children / 終わりなき旅 【PV】 - YouTube