読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

暑すぎる夏と熱い想い

今年の夏、気温が35度を越えない日がない、猛暑である。

 

ゲリラ豪雨と呼ばれる、局地的な大雨の被害も出ているが、

「地球温暖化による異常気象」との報道もある。

 

そう言われれば、そうなのかな、と思わされてしまいがちだが、

もしそうだとしても、天気予報のあてにならなさを、

有耶無耶にしようとしてる、みたいにも聞こえるのである。

 

さて、どんなに暑くても、仕事の手を抜く言い訳にはならない。

 

僕たちの仕事は、主にコンサル的な、提案・調整を重ねていく、

答えがなく、手法にも決まりのない、アナログな業務である。

 

先ごろ、学生時代の友達と飲んだときに聞かれたことがある。

「そこそこの会社に就職したのに、何で独立したのか?

企業の中で仕事をした方が、安定した生活ができただろうに。」

 

何で独立したのか、と聞かれると、少し戸惑ってしまう。

 

なぜなら、どうしても自分が率先してやりたいことがあったから、

という理由があるのだが、そのやりたいことを今はやっていない。

 

実際にやってみると、現実の厳しさや、ビジネスモデルとして

成立することが難しい、ということが分かったからである。

 

むむ、それじゃあ、独立した意義は?意味は?成果は?

 

もしかしたら、ないのかもしれない(笑)

 

だからといって、後悔しているか?と聞かれると、

そんなことは、考えたこともない、と答えたい。

 

え、答えたい、なんて、変に聞こえるかもしれないが、

いつも試行錯誤の連続で、自分に半信半疑だったりもして、

断言できない、というのが存外、本音に近いのである。

 

僕がかつて在籍していた会社(グループ)の社訓は、

「自ら機会をつくりだし、機会によって自らを変えよ」、

実力をつけた社員が、次々と独立していく、社風であった。

 

もっとも、必ずしも、実力をつけている者ばかりではなく、

どちらかと言えば、僕もその中のひとりであった。

 

その会社では、新人のロッド研修という名物研修があって、

上司や先輩、同僚社員から、こてんぱんにやられた。

 

研修のまとめに、今後の方針とか具体的な行動を決めた。

その中身を詳しく覚えていないのだが、こうだった。

 

「走りながら、考えろ!」

 

動かず机上の空論を展開したり、立ち止まって考え込むよりも、

正しいか、間違っているのか、メリットがあるのか、ないのか、

分からなくても、とにかく前に進みなさい。

走らなければ、見えない景色があるし、感じることができない

何かがあるし、もしそれを知ったときには、次にどうするのか、

躊躇なく考えなさい。

 

そんな感じだろうか?

 

実際に、誰かからそんな説明を受けたことはないのだが、

今になって、その意味を考えたりしている次第である。

 

あの頃と変わらない、「熱い想い」で。

 

 
SUMMER NUDE / ASAKO TOKI - YouTube