読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

Dead or Alive

日記・エッセイ・コラム

およそ10年間の闘病生活の末、尊い人が他界した。

とうとう、恩返しできないまま、その日が訪れた。

 

亡くなる5日前に、入院していた病院へ伺い、様子は知っていた。

間もなく、その日が訪れることも。

 

人間は、生きとし生けるものは、死ぬ。

当然、自分も、大切な人も。

 

「死んだとしても、心の中では生きている。」

そのような表現がよく使われるが、そのとおりである。

 

記憶の中の故人は、過去の、最も元気な姿で生き続ける。

そして、笑顔である。

 

生きていても、死んでいたとしても・・・。

尊い人は、尊い人である。

 

だからこそ、尊い人の分まで胸の奥にプラスして、

生きている以上、強く生きていこう。