読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

卒業写真

 
ついこの間まで、雪が降って寒かったけど、今夜は雨。
 
季節は移ろい、やがて春が訪れる気配なのかな。
 
 
卒業シーズン到来、うちの長男も、高校卒業だ。
 
僕に似なくてもいいのに、紆余曲折の歩み。
 
単位制の高校にゆっくりと通い、4年がかりで修了し、
めでたく卒業にたどり着いた。
 
受験勉強に未だ飽き足らず、もう一年やりたいということなので、
かつて浪人時代を過ごした父親として、そのキャリアを活かし(笑)
しっかりとアドバイスなどして行こうと思っている。
 
 
先日、高校卒業生OB同窓会のイベントがあった。
 
今年は、我々1983年卒業生が幹事となって、全卒業生同窓会総会を
主催することになっていて、今回のイベントは、その事前行事の
一つである。
 
同級生の有志が実行委員会を運営、今回は年次下の卒業生を招集し、
6月に開催される、同窓会総会の協力をお願いする趣旨だった。
 
実行委員会は、意識が高く責任感も強く、なんとしても
同窓会総会の成功を収めるためにと力を注いでいる。
 
僕は、大した働きもできず、みんなに対する後ろめたい気持ちも
少なからずあるのだが、節目節目には参加しようと思っている。
 
 
今回のイベントで、とても嬉しかったのは、後輩のOBたちが
我々の想像以上に協力的であることが分かったことだ。
 
イベントの最後に、応援団のエールがあったが、同級生の
応援団OBの声出しには、鳥肌が立ったし、盛り上がった。
 
そして、校歌の合唱、卒業29年経った今も、歌が始まれば、
奏楽で歌詞が自然と出てくるから不思議なものである。
 
参加者の中で、卒業年が最近の若い年代ほど声を張り上げていて、
そこにエネルギーを感じ、なんだかジーンときてしまった。
 
母校を想う、OB・OGたち、同じ高校を卒業した絆を確認できた。
 
僕は今後も、幹事の仕事をメインでやることは難しいけれど、
同窓会総会の成功を視野にサポートしていこうと考えている。
 
 
さて、卒業ソングといえば、「卒業写真」
ユーミン作、山本潤子Hi-Fi Set)の歌唱でいかが?