読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

Who's BAD?

年末のNHKの深夜番組、意外と面白いプログラムがある。

忘年会のない今夜は、「BADのすべて」というのを見た。

 

マイケル・ジャクソン

日本初公開 BAD 制作ドキュメント&秘蔵ライブ

 

その中に、マイケル・ジャクソン自身のコメントはなく、

プロデューサーのクインシー・ジョーンズを始めとする、

制作スタッフのマイケルに関するインタビューや、

ギタリストやダンサーのマイケルに対するリスペクトを

編集して、ストーリーに仕立てた番組だった。

 

マイケルは、言わずと知れた話だが、PVの元祖である。

PV=プロモーション・ビデオ

しかし、番組の中では「SHORT FILM」と呼ばれていた。

 

正直、これを見て、日本人ではかなわないなあ、と思った。

エンターテイメントのプロフェッショナル、仕事の流儀?

メジャーリーグと日本のプロ野球の違いにも似た、ギャップ。

 

ただ、ひとつだけ、ニュアンスが同じと感じる場面があった。

それは地下鉄の中で、マイケルと目が合った男との会話の最後。

 

男がマイケルと交わした、別れの挨拶代りの一言

 

「Be the MAN!」(字幕:男になれよ!)

 

これって、英語と直訳の日本語が、一緒じゃん(・・)

 

なんか、そこに一番、感動したのって、僕だけかな?

深夜だから、話す相手がいなくて、サビシーなあ・・・。

 

しょうがないから、自分で自分に言ってみた。

 

「Be the MAN!」(字幕:男になれよ!)

 

咳をしても一人、的な、午前4時を回ったところである。

 

BAD by Michael Jackson