読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

夏の終わり

今年も、夏の終わりの気配がやってきた。

秋の気配と言うには少し早い、夏の終わりの気配である。

 

夜になって、気温も24℃くらい、少し涼しくなってきた。

 

4年に一度の夏のオリンピックにのぼせて、夜更かしして睡眠不足になったり、

生活習慣が不規則になってしまい、余計に日にちが早く過ぎた感もある。 

 

なので、今年の夏は短かったんじゃないか、と個人的には思っている。

 

「暑かったけど、短かったね、夏・・・。」

 

って、ずいぶん昔に見た、桑田佳祐監督の「稲村ジェーン」で、ヒロイン役の

清水美砂がラストでつぶやいたセリフ。

 

まさに、今年の夏はそんな感じだった。

 

 

一年以上に渡って取り組んでいた仕事が、やっと片付いた。

しかし、達成感のようなものは感じない。

もっとも、達成感を感じる仕事など、めったにお目にかかれないのだが。

ひとつ、ハードルを越えて、また、次のハードルへ・・・。

陸上競技のハードルなら、倒したとしても前へ進めるのだけれど。

高さもカタチも違うハードル(障害)を超えていかなければいけない。

 

しかし、目の前にハードルがある状況は、仕事がある状態を示してくれる。

ありがたいことである。

実は、次のハードルが何なのか、今、見えない・・・。

いくつか候補はあるのだが、ハードルになってくれるか、未定である。

ハードルが欲しいなあ、と思っているところなのである。

 

 

今日の日中、昼間はさすがに残暑厳しく、クルマを100円パーキングに

駐車させて、打合せまでの時間つぶしに、FMラジオを聴いていた。

 

ラジオから流れてきた曲は、高い声の男性シンガーの歌。

やさしいメロディーに、どこか切ない感じの歌詞。

しばらく聴き入っていた。

 

曲が終わった後、それが森山直太朗の歌であることを知った。

「夏の終わり」

そうそう、そんな感じ。