読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

選手交代

僕は、どちらかといえば、アナログ派の人である。

それは、デジタルが嫌いということではなく、少々欠点があったとしても、

不便でなければいいと思っている、という意味である。

杓子定規に正確無比なものは、かえって自分を束縛するという考え方だ。

 

今回は、僕のスマホの話である。

 

携帯電話は、iPhoneが登場してから、わずか数年でスマホの時代になった。

 

僕は、iPhone以前から、ドコモのスマホを使っていた。

当時のスマホは、環境が整っていなかったせいか、全く人気がなく、

ドコモショップで、0円で売っていた。(0円で売るとは言わないか?)

初期のスマホは、使い勝手が特段よいわけでもなかったし、料金も高かった。

 

その後、iPhoneの流行をよそに、2台目のスマホは、イー・モバイルで買った。

イー・モバイルを選んだ時点で、つながりにくいことは織り込み済みである。

少々の不具合はかまわない、料金が安ければそちらを採ろうと考えた。

アナログ派の人だから、それでよいと。

 

ところが、不具合は少々どころか、想定外に発生した。

 

何も操作をしないのに、勝手にランダムに相手を選び、誤発信することがある。

これは、ドコモの時にもあったことだが、Androidスマホに起きることがあり、

先方(相手先)から「先ほど電話をもらったが、何か用事があったのか?」

などと、折り返し電話をいただき、通話履歴に残っているのを見て、

「また、やっちまったかー。」と心で嘆き「すいません。」と声に出して謝る、

というパターンである。

 

通話中に、こちらの音声だけが、相手に聞き取れない状態になることがある。

相手からすると、無言電話のような感じになり、途中で通話を切ってしまう。

これまた、こちらから電話を掛けなおして「すいません。」である。

 

電話を受信して、相手の名前や電話番号が現れるところまでは通常通りで、

こちらが画面を操作しても、キャッチできない、通話を開始することが

できないことがある。

この状態になると、最悪の場合、電源を落として再起動しなければ戻らない

ケースもあり、復旧後、これまた連絡して「すいません。」である。

 

アナログ派の僕も、ここまで大きく振れるとお手上げである。

まるで自分の意思で動く、文字通り、アンドロイド・ケータイなのか?

もし、本物のアンドロイドなら、安い買い物だったかもしれない・・・。

 

なーんて、思うわけないっしょー(笑)

 

もっと、デジタルなスマホが欲しい、切に願ったわけであります!

 

そして、本日、ついに3台目のスマホを購入することに。

性懲りもなく、またまたイー・モバイルで選んでしまった。

EM ⇔ EM   選手交代、である。

 

イー・モバイル GS01

f:id:satoruk888:20120728030534j:plain

●明るく美しい4.3インチQHDスーパー有機ELディスプレイ

●さまざまな機能をサクサク快適に操作できるデュアルコアCPU搭載

●デザリング機能搭載(無線同時5台対応)

 

得てして、デジタル派の人になってしまいそうなのである。

っていうか、新しいオモチャを手にして喜んでいるにすぎない、のかな(笑)

 

 

携帯電話なき時代、こんな歌が流行りましたよね!