読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

梅雨明け、バンザイ!

日記・エッセイ・コラム

福岡を含む北部九州は、7/23(昨日)梅雨明けした。(気象庁発表)

平年よりも4日ほど遅いらしい。

今年は雨の日が多く、豪雨に見舞われた地方もあり、大変な梅雨だった。

 

何はともあれ、夏、到来である。

 

気がつけば、ロンドンオリンピックの開会が間近である。

スポーツオタクの僕としては、寝不足の日々が続きそうだ。

 

興味のある競技は、多々ある。

 

サッカー、バレー、体操、卓球、水泳、陸上、柔道、レスリング、バドミントン、

他、さまざまの競技、それぞれ見所がたくさんあって、楽しみだ。

 

中でも、特に注目の競技は、マラソンである。

 

今回のマラソンコースだが、テレビの報道などで見た方も多いと思うけれど、

常識を覆す、とんでもない設定になっている。

 

シティと呼ばれる街中を3周するコースで、道路幅は狭く、石畳の路上を駆け巡り、

途中、途中で、直角を含む、全部で90箇所以上のカーブを曲がる必要があるのだ。

 

スタート地点からシティまで、シティからゴール地点までは、平坦で直線的だが、

その距離が全体に占める割合は小さく、勝負のポイントはそこにはないだろう。

 

すなわち、シティを制するものが、ロンドンを制す、のである。

 

恐らく、このコースは、選手たちの体力をいや応なく奪っていくだろう。

 

カーブを曲がる=スピードを落として、また上げる

という、ストップ&ゴーを繰り返さなければならないからである。

 

90箇所以上のカーブで、こんな動きを強いられるなんて、無茶な話である。

 

しかし、出場選手、条件はみんな一緒、サバイバルレースになるだろう。

 

優勝を有力視されている、ケニアやエチオピアの高速ランナーは、どう走る?

最高でも入賞クラスと予想される、日本人ランナーは、どう攻略するのか?

果たして、番狂わせは起きるだろうか?

 

んー、とっても楽しみなのだ。

 

 

個人的な話だが、先月の半ばから、ランニングをスタートした。

正確には、ランニング&ウォーキング、つまり、全部を走ってはいないのだが。

それでも、10kmくらい動くと、すごい量の汗を発散できて、気持ちがいい。

1時間以上カラダを動かし続けるとこうなるという感覚を、すっかり忘れていた。

やり始めて、1ヶ月を過ぎてやっと、ゆるい習慣になってきた。

いいことだ。

 

ありがたくも、Facebookで繋がった11人の仲間と、一緒にワークアウトしている。

走った距離は自己申告制で、お互いに見えないプレッシャーを掛け合いながら、

「いいね!」ボタンを押す日々なのである(笑)

 

そんなわけで、マラソンに関してナイーブになってしまう、今年の夏なのである。

 

 

熱く駆け抜けようぜ!「RUN」by  B'z