読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ハゲタカ

誰かが言った
 
人生の悲劇はふたつしかない
 
ひとつは、金の無い悲劇
 
そして、もうひとつは、金のある悲劇
 
世の中は金だ
 
金が悲劇を生む
 
 
エンディングロールの前に呟かれたセリフ

鷲津ファンド代表
鷲津政彦
 
NHKエンタープライズの劇場版「ハゲタカ」

 
主役、鷲津を演じた大森南朋は、ハマリ役だと思う。
頭脳明晰な戦略家であり、笑顔を見せる場面は無い。

昨年のNHK大河ドラマ龍馬伝」では、
龍馬の幼馴染み、市井半平太を演じていたが、
その中では、マジメで直向きな旗振り役で、
「ハゲタカ」の鷲津とは正反対だった。
 
僕は、彼はやはり、ハゲタカが似合うとつくづく思う。
 
 
東日本大震災は、一向に収束する方向に無く、
今、現在、最も必要なものは、お金だ、と。
 
NHKの解説委員の一人が主張していた。
 
問題は、日本の中にある。
金の無い悲劇が、今から起ころうとしている。
 
 
「ハゲタカ」が対峙したのは、チャイナマネーであり、
アメリカの腐りきった資本主義であった。
 
しかし、本当の敵は日本=自分だという
鷲津のメーッセージを感じ取ったのは、
僕だけじゃなかったと思う。
 
そう、問題は、日本の中にある。
金の無い悲劇が、今から起ころうとしている。
 
 
「がんばろう日本」という
精神論で乗り切れるような事態ではないことを知り、
我々は、自分たちで解決しなければならない。
時間をかけて、あきらめることなく、コツコツと。
 
そして、希望を捨ててはいけない。
 
柴田恭平が演じる企業再生家の柴野健夫が、力強く言った。
 
 
「まだまだ日本は、捨てたモンじゃない」
 
 
僕もまた、そう信じて役に立つ人間になりたい。
 
 
※TVではあまりにも下らないバラエティが多いのに辟易し、
 CATVで、たまたま見つけたのが「ハゲタカ」だった。
 いい話を視聴したので、かいつまんで取り上げた次第だ。
 知らない人には、かたじけない投稿でゴメンなさい。