読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ひとつだけ

昨夜は、中秋の名月を眺めながら帰路についた。
f:id:satoruk888:20031209090953j:image
こんなに近くで観れるはずはないのだが、
雲が離れて、はっきりとしたお月さまだった。
 
雲といえば、クラウド:cloud という言葉が流行している。
中でも、クラウドコンピューティングがその代表だ。
 
昨日のテレビで、「学べるニュースSP!!」を観ていると、
お馴染みの池上彰さんがわかり易く説明していたテーマの
ひとつとして紹介していた。
 
クラウドコンピューティング(英: cloud computing)とは、
ネットワーク、特にインターネットをベースとした
コンピュータの利用形態である。
ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、
サービスとして利用する。
 
詳しくは、コチラ→クラウドコンピューティング
 
簡単に言うと、こんな感じである。
従来は、職場や自宅でパソコンを操作する際、そのパソコン自体で、
編集、保存をするため、本体の機能が充実していることが
必要であった。
 
しかしながら、昨今、写真や画像、音楽など、そのクオリティ(品質)を
保つためには、大容量の空きディスクが不可欠になってきた。
さらに、メールやショッピング、他さまざまなサービスが増えてきて
パソコン本体で、すべてをカバーすることが容易ではなくなった。
 
そこで表舞台に現れたのが、クラウドコンピューティングだ。
 
ユーザーが用意すべきものは最低限の接続環境(パーソナルコンピュータや
携帯情報端末などのクライアント、その上で動くブラウザ、
インターネット接続環境など)のみであり、加えてクラウドサービス利用料金を支払う。
実際に処理が実行されるコンピュータおよびコンピュータ間のネットワークは、
サービスを提供する企業側に設置されており、それらのコンピュータ本体
およびネットワークの購入・管理運営費用や蓄積されるデータの
管理の手間は軽減される。
 
この仕組みが普及していくにつれ、iPhoneなどのスマートフォンと呼ばれる
携帯情報端末や、ネットブックなどのミニパソコンを所有していれば、
おおよそのパソコン作業をすることが可能になったのだ。
 
便利な時代になったものである。
 
問題は、こっちの脳みそがついていけるかどうかである(笑)
 
話は変わるが、「学べるニュース」の後に、「NHKのSONGS」を観た。
矢野顕子と森山良子がゲスト、お互いの名前の頭をとって合わせて
「やもり」というユニットで活躍しているらしい。
 
お互いの個性が強すぎて、いかがなものかと思ったが、
本人たちが楽しんでやっているとのことなので、良いなとも感じた。
 
楽曲の中で、僕が好きな「ひとつだけ」が流れた。
僕がこの歌を知ったのは、つい最近のこと。
BankBandで、桜井和寿の歌を聴いてからのことだ。
いい歌なので、紹介しておきます。