読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

GIFTと彩り

46歳になって、第3コーナーに入る想いに浸りながら・・・。
 
最近、20代の知り合いの女性から、
 
「一年前の自分と比べてあんまり変化がなくこれじゃ駄目だなと
いろいろ考えてます。未だに、自分がどういう道へすすみたいのか
わからずもがいています。」
 
というメッセージをもらった。
 
期待に応える返事を、僕は送り返すことができない。
それは、僕も未だにそれが見つかっていないと思っているからだ。
僕のほうが、重症かもしれない。
 
こんな時は、ミスチルを歌いたくなる。
 
たとえば、『GIFT』
 
♪「白か黒で答えろ」という
 難題を突きつけられ
 ぶち当たった壁の前で
 僕らはまた迷っている 迷ってるけど
 白と黒のその間に
 無限の色が広がってる
 君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら
 ほら 一番きれいな色
 今 君に贈るよ
  
 地平線の先に辿り着いても
 新しい地平線が広がるだけ
 「もうやめにしようか?」自分の胸に聞くと
 「まだ歩き続けたいと」返事が聞こえたよ
  
 知らぬ間に増えていった荷物も
 まだなんとか背負っていけるから
 君の分まで持つよ だからそばにいてよ
 それだけで心は軽くなる
  
 果てしない旅路の果てに
 「選ばれる者」とは誰?
 たとえ僕じゃなくたって
 それでもまだ走っていく 走っていくよ
 降り注ぐ日差しがあって
 だからこそ日陰もあって
 そのすべてが意味を持って
 互いを讃えているのなら
 もうどんな場所にいても
 光を感じれるよ ♪♪
  

  
ミスチルの桜井氏は、多分40歳くらいなんだけど、
ある意味、悟りを開いてるよね。
北京オリンピックのNHK応援ソング、今頃になって沁みる。
メダルの色なんてかまないよ、ってね。
 
 
そうすると、もう1曲選んでしまいそうなのが、『彩り』。
これも彩(色)が出てくるし。
 
♪ただ 目の前に並べられた仕事を手際よくこなしてく
 コーヒーを相棒にして
 いいさ 誰が褒めるでもないけど
 小さなプライドをこの胸に 勲章みたいに付けて
  
 僕のした単純作業が この世界を回り回って
 まだ出会ったことのない人の笑い声を作ってゆく
 そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
 モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑
  
 今 社会とか世界のどこかで起きる大きな出来事を
 取り上げて議論して
 少し自分が高尚な人種になれた気がして
 夜が明けて また小さな庶民
  
 憧れにはほど遠くって 手を伸ばしても届かなくて
 カタログは付箋したまんま ゴミ箱へと捨てるのがオチ
 そして些細な生き甲斐は 時に馬鹿馬鹿しく思える
 あわてて僕は彩を探す
 にじんでいても 金 銀 紫 ♪♪
  

 
 
あー、ちょっとスッキリした。
 
午前0時を回ったところ、YouTubeで小さく盛り上がった。
 
「今を生きろ」と言う人がいる。
確かに、過去に戻ってやりなおすことはできない。
(当たり前のことをつくづくそう思う。)
未来は、やがて今となる。
 
『彩り』の最後のサビ。
  
♪なんてことのない作業が 回り回り回り回って
 今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく
 そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りを加える
 モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 温かなピンク
  
 増やしていく きれいな彩り ♪♪
 
 
歌詞ばっかりで、少しズルい感じの投稿になっちゃったかな?
 
 
本日のまとめ
 
目の前のことから目をそらさずに、ひとつひとつこなしていくこと。
それを意識してもしなくても、やがて世のため人のためになっていく・・・。
もし、日ごろから『彩り』的な思考をもって努めれば、
きっと「人の役に立つ」ことができるはずだ。
 
そう、これこそ僕から先述の彼女に伝える一つの返事かもしれない。
  
そして、僕に一番欠けていることかもしれない。