読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

行動を選択した時、結果も選んでいる

私たちの人生の結果は、自分が選んだ行動の関数で導き出される。

私たちが寝て、起きて、ものを食べて、人と話をして、出かける、
という1日24時間で行っている一連の行動は、すべていちいち、
その結果が決まってくるものである。

私たちは望む結果を目標とし、自分に対して言葉に表して
明示することが大切である。

なぜなら、そうすることで、自分が無意識に、その結果の方向へ
向かって行動するようになるのだから。

なぜなら、将来の自分の結果は、毎日の行動が積み重なって、
数ヵ月後、半年後、数年後に顕著な差になって表れるから。

何か目標を達成したいと思う人は、その目標に向かって
適切な行動を取っているのか記録すべき。

そして、定期的にその行動が自分の目指す結果に沿っているのか
見直しを行うべき。

結果を出したい人は、まず行動を管理すべきである。

(2009年12月5日付朝日新聞、勝間和代の人生を変えるコトバより抜粋)


おっしゃるとお〜り!である。

この頃、自分の中で想い描いていたことが、ズバリと記されていた。

勝間和代さんは、僕のタイプではないけれども(失礼?)
ものの見事に、真理をついたエッセイを綴れる人物だと感心する。


私事ではあるが、最近とても忙しい(もちろん、良い傾向である)。

忙しくなってくると、いくつかの作業を忘れてしまいがちになり、
うっかりミスを少なからずしてしまう。

平行して、複数の業務を進めるのであれば、その一つ一つについて
目標に向かって適切な行動を取っているのか記録すべきなのだ。

言うは易し、なかなか上手にそれを出来ないのだけれどね。

行動を選択した時、結果も選んでいる。

であれば、しかるべき目標を掲げて、そのために適切な行動を選ぶことを
常に行えば良い結果が出るはずだ、ということになる。

It is difficult!
するは難し、である。

でも、そこのところをクリヤーすれば次のステージに上がれるんだろうな。

肝に銘じて、やらなくちゃ、ですね!

そうこうしているうちに、明日の仕事が近づいてくるし。

前進あるのみ、がんばります!!