読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

OKINAWA と”なんだか泣けるCM”

6月になった。

 

僕のプータロー生活も、1ヶ月を経過した。

 

先日、ハローワークの雇用保険説明会があり、僕と同じく

参加されていた方々の数の多さに、驚かされた。

みんな、プー?

景気の悪さを、身をもって感じた。

 

先月(5月)は、自分点検、とでも表現しようか、

再就職を探すより、自分のココロのケアーとか、

置かれている環境のこととかを整理した。

 

一番刺激を受けたのは、沖縄の一人研修だった。

呑気に旅行したりして、お気楽な身分だねえ、

とか、何も知らない人は思うかもしれないが、

僕の中では、単なる旅行ではなく、視察ということに

なっている。

 

沖縄は、2泊3日の工程で、主に瀬底やタイガービーチなど、

リゾートホテル計画を進めていた(過去形)東京の会社が

施工または計画半ばにして、破綻してしまったプロジェクトを

見学させてもらった。

 

建設中の瀬底リゾートホテル

090608_012

090608_015

090608_017

 

  

瀬底ビーチの風景

090608_011

090608_004

090608_027

  

僕を案内してくれたのは、かつての先輩であり、その後

当該、東京の会社で、これらの物件を担当していた

E氏である。

 

タイガービーチのホテル建設予定地前の砂浜

090608_046

090608_047

 

あと、ヤドカリくん(ちゃん?)

090608_049

  

沖縄では、よそ(というか日本列島)から訪れる人を、

内地の人、という。

 

沖縄でリゾート開発をしているのは、現地の人ではなく、

内地の人、である。

 

一口にリゾート開発と呼んでも、自然を破壊するような、

勝手な開発もあれば、一方で、自然と対峙し、共生を目指す、

地元民も賛成するくらいの良質な開発もある。

 

僕が今回、視察したプロジェクトは、後者の良い方である。

しかし、罪深くもあった。

新築ホテルの従業員として、沖縄の地元の若者を150人も

採用していたのだが、プロジェクトが暗礁に乗り上げて、

全員解雇してしまったことなどだ。

共生すべく、良かれと思ってやったことが、結果的に

問題になってしまい、裏目に出てしまった。

 

しかし、僕の胸の内には、「よくぞここまでやったな」、というような

賞賛の気持ちが湧いてきた。

 

不動産デベロッパーの経営は、ハイリスク、ハイリターン。

でも、失敗を恐れては、社会的な役目を果たせない。

ココロの中で、拍手である。

 

僕は、マンションの開発には携わってきたが、今回の

ホテルの開発を垣間見て、住宅で学んだノウハウは

ホテルでも活かすことができるように感じた。

むしろ、他のプロジェクトにおいても、住宅の知識があれば

十分に活用できるようにも思えたのである。

 

そんな沖縄の一人研修だったが、刺激をもらって、とても良かった。

 

さて、表題の「なんだか泣けるCM」が沖縄とどんな関係が・・・?

となるのだが、まったく関係ない。

YouTubeで、偶然見つけて、面白かったので、紹介しようと

思ったのだが、メインは沖縄の話になってしまった。

改めて紹介しましょう。

 

        なんだか泣けるCM

 

BGMで、チューリップの「青春の影」が流れ出すと、

俄然、優しい気持ちが盛り上がるような、いい感じ。

 

いずれ、この夫婦のようになる時がくるのかなあと・・・。

 

ダンナの部下とおぼしき、”旅割”兄ちゃんのキャラも濃いけどね。

 

気を取り直して、就活、ボチボチやっていかなければ。

今週、会社面接が2件あり。

履歴書とか、職務経歴書とか、準備しなきゃ。

 

ではでは。