読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

2009迎春

あけましておめでとうございます。

 

新年が明けた本日は、明け方から粉雪が舞い、初日の出は拝めなかった。

昨年は、世界同時不況で、終盤の盛り上がりを感じない年末となった。

 

不景気→リストラ、人件費の削減というのはお決まりのパターンであるが、

今回の落ち込みは、猛スピードで進んでいる。

だからこそ、尚更、格差問題や、失業者の人権問題も懸念されている。

 

さて、昨年の話は、もう済んだこと。

特に蒸し返すつもりもないが、自分的には、不本意な一年だった。

後半は、情緒不安定で、仕事をするには、パワー不足に悩まされた。

 

プライベートにおいてもパッとせず、冬期休暇に入った12月27日から

大晦日まで、ほとんど家で寝込んでいた。(というか起きれなかった。)

友人との約束もキャンセルして、とにかくカラダの養生に努めた。

 

そして、大晦日、年の瀬の鑑賞に浸るべく、紅白でも見ようかとテレビの

スイッチをONした瞬間、オーバーヒートして、テレビはその活動を停止した。

いろいろ策を講じようとしたが、今回の年越しはサイレント・ナイトに。

 

かろうじて、懸賞で当ったパソコンに、テレビ機能が付いていたので、

一回り小さな画面で、細々とテレビを見ることが出来たのだが・・・。

 

一方で、年も明け、新たな気分でスタートダッシュしたい気持ちも

自分の中にあり、この年末年始、いろいろ考えてみた。

 

第一は家族。円満とはいかなくとも、生活の基盤。すべての活力は家内安全から。

 

第二は仕事。現状、ようやく気分が上がってきたので、アゲアゲで行きたい。

 

第三は健康。カラダを鍛えて、かつカラダのメンテナンスに心がけたい。

 

この他に、チャレンジしたいことも、多々あるのだけれど、上記を三本柱としたい。

 

不景気になってくると、値段の高いものから、消費者は買い控えをするようになる。

僕たちが取り扱っている商品は、住宅、一般の方々から見れば、最も高価である。

3月に決算を迎える大手企業を交えて、福岡都市圏のマンション市場は、

年度末、値引き合戦になることは必至である。

つまり、お客様目線で見ると、お買い得期間チャンス到来で、買いやすくなるはず。

逆を言えば、この中に埋もれている優良物件を、たたいて買える絶好の機会到来だ。

一方、業界側は大ピンチ。

誤解のないように言うと、新築マンション事業の利益は販売終了して確定するもの。

10%の利益を得ようとすれば、例えば50戸のマンションなら、90%の45戸を販売して、

やっと資金回収、売れ残り5戸分の販売売上が利益だ。

昨年、春ごろから市場は凍結し、下半期には、値下げを余儀なくされ、

マンション販売中堅の数社が、事実上の倒産に至った。

今年は、ますます厳しくなりそうだ。

そんな環境下、仕事については、現在、同業他社とのサバイバルゲームで、

まさに、熾烈を極めているところだが、出来れば地元業界では、大手に負けない

Win−Winの良き環境を築いていきたい。

 

で、話を戻して・・・、プライベートでは、とにかくカラダを絞ろうと思っている。

何度も挫折したランニングを性懲りもなく、再開、3月、10km走にチャレンジ予定。

一人でやると、なかなか継続は難しいので、会社から4人ほどエントリーして、

切磋琢磨して、追い込んでいこうと話し合っている。

走った経験がある人からは、10kmくらい楽勝との意見もある中で

自分のペースを把握して、ムリなく完走を目指すつもりだ。

多分、大変だと思う・・・。

 

冬期休暇は1月4日まで。

5日の初出勤まで、十分な準備をこころがけたい。

 

で、あとは壊れたテレビに別れを告げ、格安の32型テレビをGETするのが、

冬休みの課題だ。

原資を如何に捻出するか、それともテレビのない生活を選ぶか・・・。

子供達にとっては生活必需品、テレビの公告チラシを読み漁っている。

テレビがない今、自分的には、ゆっくりと時間を過ごせて悪い心地はない。

が、子供達のために、掘り出し物探しをしようかと思っている。

 

我が家にも地デジを・・・、壊れたテレビ、20年間、ご苦労様!

 

そんな今年の幕明けだ。