読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

終りなき旅

久しぶりに歌った。

ミスチルの「終りなき旅」。

カラオケで僕が歌うレパートリーの中の1曲である。

 

この歌は、何度歌っても、歌い尽きる感じがする歌のひとつで、

歌うのは、必ずラストの1曲のときと、決めている。

それも、歌を歌って、僕の気持ちを伝えたい相手がいる時に

限って歌う1曲なのだ。

 

ミスチルの桜井氏のボーカルは、男の僕が聴いてもセクシーだと思う。

メロディーの上に、人生に対する想いが乗っかっているような気がして、

とても共感を覚えてしまうのだ。

 

そんな曲の詩の中で、好きなフレーズが、強いてあげると2ヶ所ある。

「難しく考え出すと、結局全てが嫌になって、そっと、そっと、逃げ出したくなるけど、

高ければ高い壁の方が、登った時きもちいいもんな、まだ、限界なんて認めちゃいないさ。」

というのが1つめ。

そして、「誰の真似もすんな、キミはキミでいい。生きるためのレシピなんて

無い、無いさ。」というフレーズがもう1つである。

 

最後に、「いい時ばかりではないさ、でも次の扉をノックしよう。

もっと、素晴らしいはずの自分を探す、終りなき旅。」と締めるのである。

 

この歌は、今ではここぞの一発で歌うわけで、その聞かせたい相手は、

一緒に頑張っていきたい仲間であるか、自分自身に向けてモチベーションを

高めるために歌うことがあり、逆にその分、簡単に披露したい歌ではないのだ。

 

ところで、僕が最近興味を持っているのは、桜井和寿氏と小林武史氏を中心に

活動を行っている、BankBandの活動だ。

彼らは、チャリティーコンサートを行い、貧しい国への生活援助資金を捻出して、

実際に国際的に慈善活動を展開している、素晴らしいユニットだ。

 

コンサートやライブ活動で披露する曲は、ミスチルの歌や、オリジナルの歌だけではなく、

桜井氏が選曲した、他のミュージシャンの歌、それを彼らがアレンジし、フレッシュな歌として

カバーしているのだが、その選曲のセンスが素晴らしいのである。

 

男女の区別はなく、例えば中島みゆきの「糸」という曲や、斉藤和義

歌うたいのバラッド」など、少し懐かしめの歌を、アレンジして再生している。

 

今、僕がカラオケとして、ぜひ歌ってみたいのが、この「歌うたいのバラッド」だ。

http://www.youtube.com/watch?v=Ti6-lssCKiY

「ああ、歌うことは、難しいことじゃない。ただ、声に身を任せ、頭の中を

からっぽにするだけ。」

という、始まり方の歌なんだけど、後半への盛り上がりが最高なのだ。

シャウト系の僕としては、とってもお気に入りの1曲なのである。

 

昨日は、後輩の大学院生と飲みに行って、いろいろお互いの意見を交換した。

とってもイイ奴で、できれば会社に参加してほしいと思っている。

もちろん、彼が決めること、僕は全面的に応援するつもりだ。

 

いい仲間と、自由に仕事をしたい。それが、僕たちの考え方だから・・・。

 

次回、カラオケのレパートリーもさらに増やして、いいお酒を飲みに行きたいと、

秋の夜長に想いに耽る、今夜の僕なのである。

もちろん、気の合うヤツと一緒に飲みに行くことを、前提にということで・・・。