読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

総理の辞任

「人は、タフでなければ生きていけない。

優しくなければ、生きていく資格がない。」

 

昔やってた、カドカワ映画のキャッチコピー。

今日の安倍総理の辞任を知り、僕のアタマをこのコトバが横切った。

 

最近、メディアで見る安倍総理の顔色は明らかに良くなかった。

近くに味方がいない、そんなような表情。

それは一国の宰相の風情ではなく、一人の人間のそれであった。

 

最近の政治界は、足の引っ張り合い、潰し合い、批判の繰り返し。

何が正義で、何が悪か、誰が正しくて、誰が間違っているのか、

日本は、全く前進しない船に乗っているかのようだ。

 

舵取りがいない・・・。

 

今日のTVは、総理辞任のニュースで溢れ返っていた。

「無責任」、「かわいそう」、「健常でない」、「残念」、etc・・・。

誰が代わりを務めるのか、ポスト安倍は誰だ?

 

マスコミほど無責任な商売はない。

言うは易し、である。

 

僕は、安倍さんを擁護するつもりはないが、

周りに助けてくれる仲間がいない・・・。

こんな悲惨な状況が続き、健常でいられようわけがないと思う。

(その点で、前総理の小泉は、ある意味図太い男だったか?)

 

リーダーは、組織の基盤が整ってこそ、その役割が生まれるもの。

バラバラの自民党から、次の総理が出てくるという決まりは、

いっそ、やめてしまった方がいいんじゃないか?

 

だからと言って、民主党がその代わりを務めることもできないだろう。

既に、死に体の安倍政権が続くはずもなかったのだ。

そして、総理は自ら、そのゲームから降りた。

 

個人的な意見を言わせてもらえば、彼にとって良いことだと考えている。

壊れてしまってからでは、遅いのである。

必ず、次のチャンスが訪れる、与えてもらえる、その時はやってくる。

直接知っているわけではないのだが、彼は優しい心を持っている、

そう思うからである。

 

北朝鮮の拉致問題に、誰よりも積極的に取り組んでいた。

良し悪しは別として、郵政問題の反逆組の復党を許した。

国際情勢の中で、日本を孤立させないように、気を遣っていた。

 

生きていく資格を十分に持っていると、少なくとも僕は思っている。

しばらく休んだ方がいい。

だが、これで終わる必要もない。

もう一度、チカラを蓄えて、タフになって復活すればいい。

 

国民は、もっと大局的な見方をしなければいけない。

安倍という男は、ケガを最小限に抑えた、と思うのである。

 

他に代わりがいない、それが総理大臣というポストだ。

次の総理に、大きなことを期待してはいけない。

安倍が辞めなければ、就けない職を、タナボタ式にゲットして、

嬉しいはずもなかろう。

安倍を抑えてなるのであれば、その方が良いと思うのだ。

 

こんな混沌とした政局の中、政治が悪いと嘆いている人たちも、

この機会に、それをやめた方がいい。

まずは、自分がしっかり生きていくんだ、という気持ちを持とう。

 

総理の辞任。

生き方を、新たに考えるチャンスだ。