読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

楽しいゴルフ

昨日は水曜日だったが、出勤した日曜日の代休をもらった。

 

最近、興味を持ち始めたゴルフ。

アイランドコートリスタ太宰府の竣工を記念して、新築工事に関わった

設計事務所のH氏、建設会社のS氏、T氏と雷山ゴルフ倶楽部へ赴いた。

 

天気は快晴、日差しは残暑の名残を残しつつ、つくつくぼうしの声を

聞きながら、気持ちよくラウンドした。

 

腕前はと言うと、S氏は別格、一人、スコア84を軽くたたき出した。

僕を含む残りの3人は、どんぐりの背比べで、白熱のゴルフを展開した。

 

まずは、9:15AM、OUTコースから、熱戦の火蓋が切られた。

前半の勝負の山は、5番、546ヤードのロングホール。

いつもは当らない、ティーショットが、ビシッと決まった。

その後、グリーンに3ONして、2パット、パーをゲットした。

H氏は7打、T氏は10打をたたき、僕は2人に迫った。

結局、9ホールを終えたところで、H氏56、T氏54、僕は54と、

僅差で前半を終えた。

 

INコースを0:24PMにスタート。

2番目の481ヤードのロングホールで、僕は、やらかしてしまった。

ティーショットがOBに、打ち直しするも、またまたOB。

グリーン上では、3パット、計10打を費やしてしまった。

ここで、H氏、T氏に逆転を許し、あっさり最下位に転落した。

その後、接戦を繰り広げ、勝負は最終の16・17・18ホールに

もつれこみながら、緊張したゴルフを展開した。

 

16番ホールは、169ヤードのショートコース。

ここが勝負の分かれ道になった。

まず、T氏が1ON、後続のH氏、僕にプレッシャーをかけた。

H氏はグリーンを外し、僕の番が回ってきた。

6番アイアンで、ティーショット、うまくヒットしてくれたボールは、

高く舞い、T氏のボールのそば、グリーン上ピンまで約10ヤード、

ほぼ同じくらいの距離を残して、1ONに成功した。

T氏とガチンコ勝負である。

1パットめ、僕はホール横、約2ヤードのところにつけた。

バーディートライを試みたT氏は、それが裏目に出て、約4ヤードオーバー、

3打めのパット、まずはT氏が打ったが、残念ながら外した。

僕の3打め、かなり集中し、カラダから汗が噴出した。

打った、ラインは真っ直ぐ、これが決まり、パー。

「よっしゃー!」雄たけびを上げた。

 

17番、18番でも、3人は互角の様相を呈した。

トータルスコアは、H氏113、T氏114、そして僕は112。

レベルの低い争いであったが、痛快なゴルフになった。

一人舞台のS氏は、こんな僕たちにお付き合いすることなく、

30打くらい少ないスコアで、堅実なゴルフであった。

 

いやあ、楽しかった。

水分を何回も採りながら、それはどんどん汗となって放出された。

自分の中に溜まっていたストレスや精神的な疲れが、吹き飛んだ。

 

次回は、今月24日に高校時代の友人とラウンド予定。

その後、11月3日に、仕事がらみの3社コンペが予定されている。

そのコンペで、スコア100を切るつもりだ。

 

時間を作って、打ちっぱなしの練習にいかなければ・・・。

スコア2桁、これが今年内の僕の目標の一つだ。