読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

43歳と1日

昨日(5月1日)で、43歳になった。

歳は毎年重ねていくもので、減ることはないのだけれど、しばらく止まってほしいな、

などと考えてしまう。

母からも「おめでとう」の電話をもらったが、母の方が末っ子息子の歳を聞いて、

時の経つことの速さに、感嘆をもらしていた。

年々速くなる時間、”光陰矢のごとし”である。

最近、前回ブログで紹介したが、カラダスキャンという名の体組成計を愛用している。

体重をはじめ、体脂肪率、BMI、骨格筋率、基礎代謝量まで測定することができ、

お節介なことに、体年齢まで表示してくれるのである。

ちなみに、昨日の体年齢は50歳。

買ったばかりの時は51歳だったので、わずかに改善しているのだが、

食事の後に計ると、すぐに戻ってしまうのである。

もしかして、51歳がMAX表示ではないかと疑ってしまうのだが、

疑心が確信になってしまう、今日この頃である。

しかし、体年齢が50歳として、実はわずか7年後であることに気付き、

ショックが何倍にもなってしまうのである。

まあいい。

今のところ、生活習慣病でもないし。

でも、メタボ予備軍とは言えるかも。

思うようにカラダをコントロールしたいなあ。

これがなかなか続かないのである。

ところで、自分の歳をつくづく考えてみる。

そろそろ、人生という山の6合目くらいまで来ているのかな・・・と。

(重い病気にかからず、当たり前に生きたとして。)

自分の置かれた、社会的な位置づけを考えてみる。

実は、社会貢献する上でとても大切な時期、お世話になった方々に

恩返しを始める時期、子どもたちを含む若い人たちに希望を与える時期、

いろんな立場において、重要なとき。

いや、あまり考えすぎることもいかがなものか。

力まず、あせらず、肩の力を抜いて、自然体で臨むからこそ、実力を発揮できる

というものである。

ただ、そういう自覚は持ちつつ、前に歩んでいきたいものだ。

こうしてブログを書いているうちに、気分が高まってくる。

自分が、そんなお調子者であることも、よくわきまえているし。

モチベーションも上がってきたぞ。

この調子でいきたくなってきた。

そんな、43歳と1日目の僕なのである。

ちょっとは進歩しなきゃ・・・ですね。