読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

王貞治、独占インタビュー

今夜の報道ステーション、スペシャルメニューとして、

世界の王、王貞治さんのインタビューが放映された。

結論から言うと・・・、感動した。

王さんの2006年は、激動の一年だった。

WBC世界一という栄光、胃全摘出手術という試練。

そして、リハビリの日々、2007年初春、現在に至る。

しかし、この人ほど前を向いて生きていく、ということを

感じさせる人を、他に知らない。

何事に対しても、積極的な姿勢。

結果については、冷静に振り返り、次の一歩の糧にする。

まったくおごりもなく、マスコミの質問に丁寧に答える。

イチローなど、若きリーダーを褒め称え、さらに若い人にも

エールを贈る。

この人が監督を務める、福岡ソフトバンクホークス関係者は、

ムッチャ、幸せじゃないか、と思う。

こんな上司がいたら、一生懸命ついていきます、って感じ。

インタビューの内容は、波乱万丈の2006年のことのみならず、

アメリカ、メジャーリーグに流出する、日本のトッププロ野球選手、

例えばレッドソックスに移籍する、松坂大輔投手のことなど、

日本球界の現状についても、触れる場面があった。

日本球界の将来について、悲観的な世論が多い中、

王さんの考え方は、極めてアグレッシブだった。

選手にとって、メジャーを目指すことは、とても良いことで、

若い選手も、それを目標にすることによって、日本球界の

全体的な底上げに繋がると、熱く語っていた。

さらに、メジャーでチカラをつけた選手は、いずれ日本に戻る。

アメリカで得た素晴らしい経験を、若い選手に示すことは、

彼らにとってなによりも刺激になる、とも。

王さんの言葉は、聴いていて、気持ちが良い。

自分も、こんなふうに、物事を考えていきたいと思う。

どこまでも前向きな姿勢に、敬意を表したい。

インタビューを見終えた僕の、今の心境だ。