読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

やりたいこと≠できること・・・?

メジャーリーグカージナルスの田口選手、

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦で、決勝ホームラン!

試合終盤、8回ウラ守備固めでレフトに入った後、

6対6の同点、9回表に初めての打席を向かえた。

メッツのピッチャーは、守護神ワグナー。

田口、球速155キロのストレートを、ジャスト・ミート!

打球は、レフトスタンドへ吸い込まれていった。

本人さえ、信じられない結果を出し、勝利を呼びこんだ。

地区シリーズのホームランに続く、2打席連続弾だ。

たった2回の出場機会に、2本のホームランを放った。

強い打球を打ってやろうという気持ちで、打席に立ったとしても、

フェンスオーバーできるとは、考えていなかっただろう。

打者として、ホームランは、究極のやりたいことだと思う。

ただ、やりたいことをできるとは、限らない。

ところが、田口はそれを、やってのけたのだ。

ラルーサ監督にしてみれば、ブラボー!である。

彼は、上司が期待する以上の仕事をしたのだ。

僕の仕事にあてはめてみると・・・。

上司から、難しい仕事を任されたとして、その仕事を

上司の期待以上にこなす、ってこと?

でも、その仕事にモチベーションを感じなければ、

とてもうまくは立ち回れない。

それに、仕事というものは、やりたくてするわけではない

ケースが多い。

逆に言えば、やりたい仕事というのはめったにない。

ならば、どうする?

地道に、与えられた仕事をこなしていくことが、上司の

信頼を得ることになるし、そのような仕事ができるという

実力もついてくるのではないのだろうか?

その積み重ねが、いつかチャンスを生み、

やりたい仕事が舞い込んで来るのかもしれない。

いかなる仕事も、できるということをアピールして、

少ないチャンスをものにするのだ。

送りバントが出来ないようでは、打席に立つことは

不可能なのである。

「やりたいことと、できることは違うよ。」

なんてことを言っているうちは、チカラはつかない。

僕の好きなコトバ

”自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ”

である。

田口は、日頃の地味な努力の積み重ねによって、

ラルーサ監督の信頼を得た。

今回のホームランで、出場機会は増えるだろう。

田口にあやかって、つまらないと思ってしまう仕事も

コツコツとこなして、できるチカラをつけよう。

できる実力が無ければ、やりたい仕事がある時に

それをする機会は与えられないのである。

やりたいこと≠できること では、つまらない。

やりたいこと=できること になるように、

自分を磨くのだ。

田口のホームランが、僕に教えてくれた。