読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

日本沈没

先日、映画「日本沈没」を観に行った。

家の近所に、ワ−ナーマイカルシネマズがあり、

お手軽に映画を観に行くことができる。

日本沈没」という映画は、確か、70年代に、

僕が小学低学年の頃、観たことを記憶している。

主演は、藤岡弘、いしだあゆみだったような・・・、

出演者はうる覚えであるが、映画の中で活躍する、

「わだつみ」という潜水艇のことだけは、

そのフォルムをよく覚えている。

今回の「日本沈没」は、リメイク版ということになる。

旧作との違いは、日本沈没という自然災害を、

人間が、必死にくい止めようとするところだ。

旧作では、日本人は逃げ惑い、愛する家族や、

恋人たちが、ばらばらになって、海外へ脱出する、

もうどうしようもなく、悲しい結末ではなかったかな?

今回のストーリーは、最後まであきらめない、

自分以外の誰かのために、一生懸命に尽くす。

結果的に、沈没を途中で止めてしまうという、

すごい結末だった。

それが、現実的であるかどうかは別として、

内容的には、それなりに評価できる映画だった。

映画は、小6の次男と2人で観た。

この頃のこどもは、CGで、六本木ヒルズが傾いたり、

富士山が噴火したり、リアルな表現にもなれているのか、

感動してるのかどうか、微妙であった。

自分たちが住んでいる、福岡がやられるところには、

注目していたようだが・・・。

ただ、全体的には、作り手側の自己満足じゃないの、

みたいな、制作費20億円の映画であった。

メインキャストの草磲剛や、豊川悦司の迫真の演技など、

見所も多いが、日本が沈没するというのが、説明不足、

それでいてそれが前提条件なのが、無理があるけどね。

実際には、外国人との外交的な場面があるだろうとか、

注文を出せばきりが無いし。

眼に入るシーンを純粋に観て楽しむのが、いいんだろうな。

ということで、興味のある方は、ぜひ観にいってくださいね。