読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

夢を語る

先日、不動産会社鄯社のK社長と夕食を共にした。

彼と僕とは、以前勤務していた会社の同期生。

3年勤めた後、会社を飛び出した彼は、経験を積んで、

自ら会社を起業した。

会社は急成長し、今では30人規模にまで拡大した。

僕の所属する会社、L社とは、複数のプロジェクトを、

共同して進めている。

鄯社が事業主、L社が商品企画者となって、集合住宅を

計画、プロデュースをしている。

鄯社はディベロッパーとして、拡大途上にある。

今年は、勝負の年。

一気に5物件200戸の集合住宅の分譲を予定している。

K社長は、夢を語る。

できるできないは別として、前向きなコメントを連発し、

僕は彼のペースに引込まれてしまう。

彼は、うらやましいほどに、夢を語る。

鄯社の分譲する住宅を購入するお客様とは、

一生涯、つきあっていきたいという。

住宅分譲会社は、売ったきりで、おしまい、

と考えられがちなところ、彼は逆の発想である。

鄯社のお客様は、徹底的にフォローする姿勢だ。

僕はと言えば、夢を語れない。

誰かの役に立ちたいとは思っているが、

具体的な想いを抱いていない。

夢を持って、一生懸命頑張れば、いつか現実となる。

Dream comes true.

彼は、一歩ずつ、ステップを登っていく。

客観的に見て、僕にもそれがわかる。

僕の夢は、なんだろうか?

夢を持って、僕も飛び出したはずだった。

夢は、今の延長線上にあるのか、ないのか?

まあ、分からなくても、支障はないが・・・。

夢を語れる人に、なりたい。

とにかく今は、夢を語る人たちと一緒に、

プレイヤーとして、頑張ろうと思う。