読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ギャルサー

今日は、工事説明会を主催した。

毎度のコトながら、心身共に疲れる説明会だが、

今回は、以前に無く、近隣の方々に、前向きの姿勢がうかがえ、

結果的には、有意義な打合せになった。

内容は、分譲マンションの新築工事の着工前に、

近隣住民に、工事の概要と、工事協定書の説明を行うことを、

目的とするもので、大変疲れる打合せなのである。

なにしろ、近隣住民の方々から見れば、

我々、施主および工事施工者一同は、悪なのである。

とはいえ、去年の年末、初めて近隣説明会をやったときから、

お互い、人となりを覚える間柄になってきたのか、

今回は、穏やかな感じで話し合うことが出来て、良かった。

説明会が終わったのが、午後9時前くらいで、

「あー、今夜は、ギャルサーが観れないなー。」

と思いながら、「半分くらいは観れるかなー。」

とも思い返し、家路を急いだ。

ギャルサー

日テレの土9ドラマである。

このごろ、マイブーム。チャラチャラしたドラマだ。

僕は、このドラマの主人公、カウボーイ、シンノスケの

ファンなのだ。

藤木直人が演じる、この青年は、メチャメチャ天然キャラ。

メシを食う時間になると、食べ物に向かって、

「アリガトウ、大地。アリガトウ、太陽。いのちヲ、アリガトウ。

イタダキマス。」と必ず手を合わせる。

今夜はアタマから観れないと、あきらめていたところが、

ドラマの前に、サッカーの試合があり、30分繰り下げスタート。

家に着いたのが、午後9時30分。ピッタリ、間に合った。

今回のテーマは、「言い訳」。

「言い訳」をすると、相手は「ムカツク」。

純真無垢なシンノスケには、この感情がわからない。

彼は、決して「言い訳」をしない。

とても参考になった。

なぜなら、近隣交渉は、「言い訳」無しにはできないから。

しかし、「言い訳」をしなければ、相手も「ムカツカない」。

シンノスケに教えられた夜だった。

エンタの神様」でバカ笑いして、その後、数独パズルを

一問だけ解いて、こうしてPCに向かっている。

疲れた。明日も仕事だ。

「寝ル時間ダ。オヤスミナサーイ!」(シンノスケ風)