読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

光と影

ホリAモン、あっけなく逮捕されてしまいましたね。

この事件について、とやかく言う立場でもないのですが、

感じたことだけを、書いてみたいと思います。

ホリAモンは、なぜ、人気があったのだろう・・・?

僕が彼を知ったのは、あの近鉄球団買収プロ野球参入騒動が

持ち上がった頃、一昨年の夏だったでしょうか、

メディアに登場した彼を見たのが、初めてだったと記憶します。

たぶん、みなさんも一緒だと思いますが。

人相は良いとは思えないし、太っているし、外見で人を

判断してはいけないのでしょうが、第一印象として、

良いものではありませんでした。

ただ、当時(04年)、31歳という若さが際立っていて、それまでに

見たことのない、チャレンジャーであることは、認識しました。

僕は、気になって、彼の本を購入して読んでみました。

「カンタン!儲かる会社のつくり方」

今となっては、いかがわしい題名に聞こえますが、当時としては、

新鮮に映りましたし、内容も刺激的でした。

「私の素朴な疑問。

なぜ一生懸命働いている若い人たちの給料が、年老いて

労働効率も落ちていて感覚も古くなっている人たちの

数分の一であることが当たり前の世の中なのか。

年功序列も大企業信奉も間違っている。」

序章から、この調子で始まる本の内容は、若さに満ち溢れ、

パワーを感じるものでした。

若者に支持されるのは、よくわかります。

小泉首相に気に入られるのも、わかるような気がします。

2年前の彼は、魅力的だったかもしれない・・・。僕は思います。

あの頃、陽のあたる場所に、彼は立ったんだろうなと。

今回、問題になっているのは、その当時の事件です。

04年10月・11月のことですから、僕がその本を読んでから、

1・2ヶ月後くらいの出来事、ということになります。

彼は、表舞台に立つと同時に、それまでとは違う方向へと

歩みだしてしまったのではないのでしょうか?

少なくとも、本を読む限りでは、以前は王道で勝負していた印象を、

2年前の僕は受けました。

ただ、僕は当時から、そんな彼を好きではありませんでした。

だからといって、彼を非難するつもりもありません。

むしろ、人間的に興味はあったので、そういう意味では、

今回の事件は、残念だと思っています。

と、こんな記事を投稿するのに、2時間もかかっています。

今頃(3:00AM)、逮捕されたばかりの容疑者たちは、独居房の中・・・。

どんな想いで、寒い夜を過ごしているのでしょうか・・・?