読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

九州国立博物館

200511041525000

山の裾野から、
ガラス貼りの巨大な物体が・・・?
近づいていくと、
そのスケールに圧倒されます。
これが、九州国立博物館かあ!

200511041525001

いるいる、大勢の人たちが。
オープンしたばかりの博物館では、
開館記念特別展が開催中です。
早速、エントランスへと、アプローチしました。

200511041527000

巨大な物体は、
日本を代表する建築家、
菊竹清訓がデザインした
建築です。


自然にマッチしていながら、
存在感を放っています。
とにかく、すごいヴォリュームです。

中に入ってみました。
撮影禁止のため、
ご紹介できませんが、
壮大な、鉄骨アーチに支持された
大空間に、展示室があります。

「美の国日本」というテーマの
展示会では、日本の歴史を語る
さまざまな貴重な品を、
惜しげもなく飾っていました。

子供の頃、教科書の中で見た、
あの金印、「漢委奴国王」。
狩野永徳の「唐獅子図屏風」。
京都の賑わいと四季の景観を
描いた「洛中洛外図屏風」。
e.t.c.・・・。

感動しました・・・。

そういうわけで、こんなに立派な
国立博物館が、僕たちの住む
福岡・太宰府にデビューしたこと、
とても喜んでいます。

「美の国日本」、バンザーイ!

遠方の方々も、
九州にお立ち寄りの節は、
ぜひ、訪ねてみてください。