読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

小さな午後

「あなたのことを深く愛せるかしら」
子供みたいな光で僕を染める
風に吹かれた君の冷たい頬に
触れてみた小さな午後
(by SPITZ 「冷たい頬」)

陽が日に日に短くなってきました。
そして、本格的に、秋の空気に。
なにかしら、寂しさを感じる季節の訪れです。

今日は、1日、外を歩き回っていました。
オジサンみたいですが、万歩計を付けています。
軽く、1万歩をクリアした日中は、
極力、バスを使わず、意識して歩いて移動しました。

今日の仕事の最後を締めくくったのは、
INAXの商品紹介イベント。
タイルを中心に、INAXの商品を、見て回りました。

今日のハイライトは、商品開発のためのヒアリングを
受けたこと。
東京の、INAX営業本部の担当者と会話した、
いくつかのことでした。

僕たちは、主に住宅(特に集合住宅)の商品企画に
関わっています。
エンドユーザー(お客様)との直接の接触の機会も多く、
INAXのような、住宅設備メーカーの、格好の
ヒアリング対象となるのでしょう。

彼らは、さすがに優秀なスタッフを抱えているようで、
僕らも感心するような、斬新なアイデアを発信するように
なってきました。
ひとりよがりの開発ではなく、明らかに他社との差別化を
図る商品を発案する姿勢が、見て感じ取られました。

これからは、nLDKという発想の間取りではなく、
住み手の住まい方(ライフスタイル)によって、
自由なプランニングが展開されるだろうという考え方。
部屋数志向ではなく、スペース志向というアイデア。
そういったトレンドの変化に適応した、住まい方の提案。
これが必要になってきます。

誰でも、きれいな住宅に住んでみたい。
家族(自分)の成長に合わせた、変化に対応できる
住宅を手に入れたい。
と、考えています。

これを解決しつつ、さらに新しい提案をすることが
僕らの使命です。
そんな気持ちを強く持った、今日のイベントでした。

業務終了後、社内スタッフで、
僕がプロデュースに関わった、GOCOCHIに
食事に行きました。

僕が勤務している、(株)ラプロスは、
現在とても多忙な時期で、それぞれのメンバーが
自分の役割を果たすために、一生懸命
頑張っています。

冗談も織り交ぜながら、みんなでディナーを愉しむ中、
将来のビジョンについても、少し話し合いました。
5カ年計画を策定、具体的な目標をたてていこうと
社長とも語り合いました。

今日の収穫は、前向きな話し合いができたこと。
明日からの活力が、湧いてきました。

季節は、秋からやがて冬へ。
そんな気配を感じた、今日の小さな午後でした。