読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金ちゃんの本音と建て前+plus

エス・デザイン代表のブログ

ロッテのプレーオフ2ndステージ進出に拍手!

野球の話をしたくてするわけじゃありません。

プロ野球の大ファンでもない僕が、今回拍手を送りたいのは、パリーグ プレーオフ 1stステージで、西武ライオンズに2連勝、2ndステージへコマを進めた、千葉ロッテマリーンズの皆さんへです。

当然の結果だと思いました。なにしろ相手西武は、レギュラーシーズンで勝率5割をキープできなかったチームですからね。
これで西武が勝ち上がっていたら、何のためのリーグ戦だったのかわかりません。
プレーオフ制度が、ポストシーズンのイベントとして盛り上がるのは、ビジネス上、またはエンターテイメントとしての興行上、接戦の戦いを終えた後で繰り広げられるのであれば、文句はありません。
しかし、レギュラーシーズンで結果を残せなかったチームに、最終的には日本一になれるかもしれないというチャンスを与えるのは、ナンセンスというものです。
昨年の西武の日本一には、今でも納得がいきません。

メジャーリーグポストシーズンは、異常なまでの盛り上がりを毎年見せていますが、各チームに公平感があり、短期決戦の面白さをファンに堪能させています。
ところが、ア・リーグナ・リーグの各地区優勝者が、ワールドチャンピオンになれるとは限りません。
各リーグ、各地区の2位のチームのうち、最高勝率を記録した2チームが、プレーオフに参加できるという、ワイルドカードという制度があるからです。
そして、昨年度は、ア・リーグワイルドカードで出場したレッドソックスが、ポストシーズン、ワールドシリーズを制して、ワールドチャンピオンに輝きました。

日本とは異なり、ワイルドカードで出場したチームがチャンピオンになれる権利があることに対して、アメリカでは文句が出ることは少なく、ここにメジャーリーグベースボールと日本のプロ野球の決定的な違いがあります。
アメリカでは、それがまかり通っているのです。
国民の大多数が、疑問を感じることなく、これを受け入れているのは、全チームにこのルールが徹底されているということに尽きるでしょう。

では、日本のプロ野球はどうすればいいのか?
セ・リーグにもプレーオフ制度を導入して、パ・リーグと同条件とする。
プレーオフに3位のチームは、参加しない。
1位と2位のチームは、3ゲーム以上の差があった場合には、プレーオフは行わず、1位チームが優勝者となる。
などの、もう少し、国民の納得が出来るくらい、レギュラーシーズンの順位を評価した、具体的な改革をすることが必要だと思います。

もし、パ・リーグ プレーオフ2ndステージで、千葉ロッテマリーンズが、福岡ソフトバンクホークスを破って、パ・リーグの覇者となった場合、きっと、昨年に引き続き、再度問題になるでしょう。
レギュラーシーズンの4.5ゲーム差が、何の意味もなさなくなるから・・・。
まあ、ホークスは全試合日程をホームゲームで、勝負できるというだけのアドバンテージがあるわけですが、2年連続ポストシーズンで敗退となると、今までのレギュラーシーズンの苦労は、一体なんだったんだってなことになって、王監督も立つ瀬がありません。

まあ、そんな理由で、パ・リーグ プレーオフ2ndステージは、あっさりホークスに決めていただきたい次第です。
そうじゃないと、示しがつかない。
昨年の二の舞は、超カッコ悪いです。

とまあ、ウンチクを並べたわけですが、このくらいにしておいて、結局は、2ndステージの勝利の行方を楽しみにしている、僕なのでした。